ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

年忘れアートプロジェクト報告会2010

2010年12月18日(土曜日) 17:00~

Default latent
日時 :
2010/12/18 (土) 17:00 ~ 19:00
定員 :
100人
会場 :
日本大学芸術学部江古田校舎 東棟2階 E-207教室(〒176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1)
URL :
https://docs.google.com/fileview?id=1TVHjTI61-4FWWFRjagGx5eBhFNrPDP2eWyMfS3Wlb4X_J0SPSbcieEM0Ww0E&hl=ja
主催者 :

○年忘れアートプロジェクト報告会2010概要
約93万人の入場者数を記録した瀬戸内国際芸術祭はじめ、今年も各地でトリエンナーレやビエンナーレ、アートプロジェクトが開催されました。これだけ多くの、また全国規模でアートプロジェクトが開催されていると、全部自分で見て歩くことはできません。「年忘れアートプロジェクト報告会」は、自分が今年見たイベントを報告して、他の人と意見交換したり、見逃してしまったイベントの報告を聞いたりして、皆で楽しもうという企画です。いわば、アートプロジェクト・フリークのための忘年会。「我こそは」という方、ふるってご参加下さい。ただ今、報告者絶賛募集中です。


ユーストリームでライブ配信します。
http://www.ustream.tv/channel/ryushin-mitamura-video-delivery

○聴講者情報
名称:年忘れアートプロジェクト報告会2010
日時:2010年12月18日(土)17:00〜19:00(受付開始16:30)
会場:日本大学芸術学部江古田キャンパス 東棟2階 E-207教室
アクセス:〒176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1(西武池袋線各駅停車にて江古田駅下車 北口より徒歩3分)
参加費:無料
定員:100名
主催:アートプロジェクト報告会実行委員会(三田村龍伸、久慈達也、木下朝美)

※聴講参加者は予約不要。忘年会参加者は要予約。
忘年会予約方法:1)名前、2)所属、3)電話番号、4)忘年会へ参加 と記入の上、下記アドレスまで。
応募先:ryuusinn09@gmail.com(担当:三田村龍伸)




○報告者募集要項
報告者募集人数:6名(先着順)
報告形式:1人10分のスライドショー
報告内容:今年見学したアートプロジェクトについて
     ※対象は今年開催されたものに限ります
     ※ビエンナーレやトリエンナーレ、アートイベント等も全てアート
      プロジェクトと捉えます
募集締切:11月30日(火)
応募方法:1)名前、2)所属、3)電話番号、4)発表するアートプロジェクト名、
     5)忘年会への参加の有無、を記入の上、下記アドレスまで。
応募先:ryuusinn09@gmail.com(担当:三田村龍伸)
      ※報告者は16:00に集合予定。
      ※USTREAMによるweb配信を予定しています。
      ※忘年会:実費(江古田駅周辺)



○当日のスケジュール


16:30 ・開場
     
17:00 ・挨拶、報告者紹介後、報告会開始。
     ※アートプロジェクト報告会実行委員会の三田村が司会を務めます。
     ※発表順にアート・プロジェクトの報告を行います。一人10分を目安に。質疑応答の時間は別途取ります。

19:00 ・報告会終了。片付け開始。 
     ※忘年会参加者は片付け終了まで食堂で待機して下さい。ご案内致します。

19:30 ・忘年会・交流会 
     ※希望者のみ忘年会にご参加下さい。要予約です。江古田駅周辺の居酒屋になる予定です。忘年会参加費は一人3000円になります。

21:30 忘年会終了





○発表者情報
■深瀬 鋭一郎(深瀬記念視覚芸術保存基金代表、中国2010年上海万博公園彫刻プロジェクト日本委員長など)

・発表するアートプロジェクト
中国2010上海世博会園区沿江景観帯彫塑
+2010年上海万博公園彫刻プロジェクト 日本プログラム

・内容
上海万博公園に設置された8カ国26作家27彫刻作品と
藤井浩一朗、水谷孝次、佐藤時啓、所幸則、遠藤一郎、新野圭二郎
他による日本プログラムの紹介

■久慈達也(神戸芸術工科大学研究員)
・発表するアートプロジェクト
西宮船坂ビエンナーレ・琵琶湖ビエンナーレ

・内容
関西で開催された、小規模なアートプロジェクトについてのレポート。
どちらも一日で見終わる量だが、初開催と4回目、山里と街中、と好対照をみせる両者を比較する。

■星野博美(中之条ビエンナーレ実行委員会)、黒岩咲貴(高崎経済大学 地域政策学部4年生)
・発表するアートプロジェクト
中之条ビエンナーレ2009、温泉郷美術祭2010

・内容
2009年に町全域で行った「中之条ビエンナーレ」の紹介と、
2010年に同町の四万温泉地区に特化して行った「温泉郷美術祭」の活動報告をさせていただきます。

■海老原彩香(日本大学芸術学部美術学科彫刻コース3年)
・発表するアートプロジェクト
信楽トリエンナーレ

・内容
信楽トリエンナーレ「陶によるフィギュア展」参加についての感想、報告。
信楽トリエンナーレ全体について。特にトリエンナーレと地元住民との関わり方の違いについて。

■三田村龍伸(日本大学大学院芸術学研究科博士後期課程芸術専攻)
・発表するアートプロジェクト
瀬戸内国際芸術祭、あいちトリエンナーレ

・内容
来場者数93万人を数えた、異例の国際美術展の
作品とその土地の風景の報告。瀬戸内の魅力とは。
また「都市の祝祭」を掲げたあいちトリエンナーレは横浜トリエンナーレと比較してどうだったのか。報告しつつ、検討する。

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザが投稿することができます

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。