ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

海外子会社における監査・内部統制の実効性向上実務セミナー (グローバル監査人養成セミナー)

Default latent

【担当講師より】
国連という特定の国のみの法律やビジネス慣行だけでは乗り切れない組織において、講師が実際に様々な問題が起こり解決に向けた交渉や対応を余儀なくされた中で、何を大切に見据え対応すべきかなどについて、実体験を交えつつお話しさせて頂きます。グローバル化は単に海外進出すれば良いだけのものではなく、健全に、国際間の課題・問題に取り組み成長していける能力と知見の育成・醸成にお役立て頂けましたら幸いです。毎回、初級~上級者の方や世界各拠点ご担当の方々にご参加頂いております。

1. 海外子会社等の問題事例の考察とグローバル監査人としての課題
  ●日本で育った日本人の常識を携えた人材は海外拠点で本当に実効性ある対応ができているのか?
  ●鍵を握るのは語学力より胆力・適応力・調整力
  ●企業が直面する様々な経営リスク一覧
  ●グローバル化する不祥事・リスク管理対策の国際社会的な要請
  ●グローバルな事業継続対応の必要性(事故・事件・政変・テロ・政治リスクなどへの対応など)
  ●海外不祥事例からみた日本本社・役員・幹部などの課題と対策
  ●細則主義型監査から原則主義型グローバル監査対応への転換と課題・対応
  ●コーポレートガバナンスコードにおける企業統治のグローバル化と各海外拠点での対応ポイント
  ●グローバル監査人として求められる素養・スキル・ノウハウ等(グループディスカッション)
  ●アイスブレーク・グローバル監査トーク
  ●悩ましい課題の共通理解と検討
  ●あなたなら同僚監査人や他社監査人にどんなアドバイスをしますか? 等

2. 現地業法や倫理観の衝突リスクへの対応
  ●日本本社の策定したコンプライアンス施策は全世界共通に有効か?
  ●日本での「ゼロ・トレランス」と海外拠点での「許容範囲」の「ティー・マネー」や商習慣・
   慣行と収賄・海外汚職防止の観点
  ●日本本社の常識が通用しないグローバル環境下での「倫理観の衝突リスク」(CRE):
   アジア・欧州・米国・中東など
  ●「真実は揺れ動きながら存在する」という理解と対応
  ●日本本社を中心にした国連のようなグローバル監査コミッティ設置策
  ●グローバル・ミッション・ステートメント策定による各国拠点の参画意識向上と調整機能
  ●現地業法とのバッティングなどに備えた監査対応「ソフト・ロー的ミッション経営」による
   グローバル対応の要点
  ●現地監査人や現地専門家との連携 等(グループディスカッション)
  ●国際化における多様なリスクの把握と対策
  ●監査人が思う本音と実務上の課題の考察
  ●事例ディスカッションで学ぶ国際的監査の現状 等

3. グローバル監査人必須の知見・スキル・ノウハウ
  ●ダイバーシティというリスク要因
  ●人権・ダイバーシティ経営・LGBT(性的マイノリティー)対応の要点
  ●「ベクトル・ガードレール・アプローチ」による懐深い経営と対応
  ●国連グローバルコンパクト(UNGC)における世界共通の経営10原則
   人権・労働・環境・腐敗防止における各要点とグローバルCSR経営
  ●公益通報で早期発見・早期是正するグローバルホットラインの運用ポイント、
   米国ドッド・フランク法での公益通報など
  ●あなたの論理的思考の前提が偏っていて国際的に誤った帰結を論理的に導いていないか?
  ●「価値フリー」で現場をまっさらの状態で見据える監査姿勢
  ●異文化理解と組織文化のポイント 等(グループディスカッション)
  ●「7つの文化尺度」による監査上の3つの留意点と異文化理解の「 3Rの原則」に沿った相手の
   認識・尊重・解決のアプローチ
  ●違和感を大切にするリスク感度の強化・実務対応のポイント
  ●事例ディスカッションで学ぶ監査における異文化理解・異文化適応 等

4. 質疑応答・まとめ
  ●グローバル監査やグローバルビジネスに関する各種お悩み・ご質問がございましたら、
   可能な範囲で講義内容以外の課題・疑問についてもお答えさせて頂きます。

※プログラムの順序や内容等は、最新動向や状況等に応じて改訂・変更する場合がございます。

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザーが投稿することができます

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。