ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

実践的「監査コミュニケーション技法」マスター講座

Default latent

◆◆「内部統制・リスク管理がなぜ現場に嫌われるのか」という疑問や悩みに対応!◆◆
 監査にあたる方、内部統制・リスク管理などの推進担当として仕事をされている方などにとって、現場の 方からその重要性や意義を理解されずに反発されたり支障が生じたりするのは、とても辛いことですし監査 の実効性にも影響を与えます。現場を巻き込み、腑に落ちる指摘や指導を通じて現場の参画意識を高めながら進めなければ、現場での自主的・主体的な変革意識は生まれません。そのためには、相手が納得する監査やリスク管理対策などを、より円滑で相手に寄り添うコミュニケーションを通じて対応することが大切です。
 そこで本講座では、監査・内部統制・リスク管理などの実践現場において不可欠となるスキル・ノウハウ として、「監査におけるコミュニケーション・リスク」の具体的対応策をお届け致します。実効性ある監査 へ向けた「監査コミュニケーション技法」について、多くの方々のお悩みや実例を踏まえて解説いたします。

【担当講師より】
民法改正・GDPR対応・新たな経営環境の変化に適応していくための監査対応や、毎回好評の時事・時節に即した「監査アップデート」を交え、監査人の総合的なスキルアップと本質的理解をギュッと凝縮してお届けします!

1.なぜ監査が現場から嫌われるのか
  ~問題を指摘するだけの「検査」で終わっていないか~
 ・“経営に資する監査”という監査人の陥りがちなワナ
   ~多くの監査人が監査における自己矛盾を犯してしまうポイントを解説!
 ・日本版COSOモデルを噛み砕いて指導できているか?
   ~戸村式のわかりやすいCOSOモデル解説を監査指導に活かす!
 ・今の監査・リスク管理・内部統制にあるPDCAの欠落とは
   ~課題を指摘する「検査」だけにとどまっていないか
 ・明るい監査・リスク管理に向けた「内部統制リテラシー」とは
   ~現場との簡単な共通言語を根付かせることから
 ・隠れた実態を知り、「現場と共に解決策探し」する対応策
   ~現場目線で取り組む組織の問診、触診、CTスキャン
 ・内部統制は「内部自治」であるということ
   ~健全に収益を上げ続けるしくみ・プロセスの構築のために、 など

2.いま求められる、監査コミュニケーション技法
  ~「課題解決への監査」の現場実践に向けて~
 ・監査人に必須の「懐疑心」と陥りがちな監査対応のワナ
 ・面接調査技法①~⑤&番外編
   ①事実確認と証人集めのための流儀
   ②不正の兆候を見抜く監査コミュニケーションのコツ
   <これらのほか、番外編を含め5例をご紹介>
 ・指導時の会話で相手を尊重する監査対応①~⑤
   ①相手を尊重する指導にする会話のニュアンス
   <このほか、4例のワザとコツをご紹介>
・コーチング型監査(CBA)の3ステップ
 ・相手の反応を知るための5つのパターン
 ・課題解決に向けた説得の3パターン
 ・監査における非言語コミュニケーションの影響と対策
 ・監査人やリスク管理者に必要なスキルや素養
 ・IT監査技法による時間節約でココロに向き合う時間を、 など

3.内部統制の有効性を高める監査コミュニケーション
  ~現場を巻き込む「明るい監査」の確立に向けて~
 ・明るい監査に向けた基本姿勢と流儀①~⑤
  ①現場社員の身の潔白を代わって証明するということ
  ②潔白を証明するためのチェックであるという姿勢
   <これらのほか、秘伝の3例をご紹介>
 ・現場立ち入りへの抵抗感をなくす工夫
 ・内部通報への真摯で安心感を与える対応
 ・CSA(コントロール・セルフ・アセスメント)による現場を巻き込む対応
 ・明日から使える監査ファシリテーションの「7つ道具」
 ・改正法や時事問題にからむ監査上の要点・注意点・対応策、 など

4.質疑応答・まとめ
 ・講義内容以外にも、監査・内部統制・リスク管理等、お気軽にご質問下さい。

※最新動向や当日ご参加の皆さまのご関心事などによって、プログラムや項目等をアップデート・変更させて頂く場合がございます。

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザーが投稿することができます

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。