ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

OpenID TechNight Vol.15 - ID-Tech @ Recruit & Yahoo! JAPAN & SoftBank

Default latent
日時 :
2018/03/23 (金) 19:00 ~ 21:00
定員 :
200人
会場 :
グラントウキョウサウスタワー リクルートグループ アカデミーホール (41階)(東京都千代田区丸の内1-9-2)
URL :
http://openid.or.jp
主催グループ :
Atnd latent OpenID Foundation Japan
主催者 :
ハッシュタグ :
#openid

OpenID TechNight Vol.15

前回の OpenID TechNight Vol.14 から1年以上経ちますが、久しぶりに OpenID TechNight を開催します!

今回は、リクルート様、Yahoo! JAPAN様とソフトバンク様より、それぞれ最近実装した ID まわりの新機能の紹介をしていただきます。

リクルート様からは下記2点について

  • Amazon Alexa / Google Home との ID 連携
  • iOS & Android 上での複数アプリ間での SSO

Yahoo! JAPAN様からは下記について

  • テレビ版GYAO!アプリへのOAuth 2.0 Device Flowの実装

ソフトバンク様からは下記について

  • 「スマートログイン」「MySoftBankプラス」など、ソフトバンクにおけるID連携実装について

それぞれご発表いただきます。

なお、発表後に同フロアのレストランにて 懇親会 (無料) を開催しますので、ご都合よろしければぜひ懇親会にもご参加下さい。
※リクルート様に懇親会スポンサーになっていただいております。

タイムテーブル

時間 発表者 タイトル
19:00 - 19:25 リクルートテクノロジーズ 高木さん Amazon Alexa & Google Home との連携用IdPの実装
19:25 - 19:50 リクルートテクノロジーズ 入來さん iOS & Android 上での OpenID Connect Self-Issued IdP を応用した Single Sign On の実装
20:00 - 20:25 Yahoo! JAPAN 本間さん テレビ版GYAO!アプリへのOAuth 2.0 Device Flowの実装
20:25 - 20:50 SoftBank 小松さん (@komatak) 「スマートログイン」「MySoftBankプラス」など、ソフトバンクにおけるID連携実装について

場所

東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー リクルートグループ アカデミーホール (41階)

受付・入退館方法

18:30 にグラントウキョウサウスタワー1Fエスカレーター横にて受付を開始します。1F受付でゲストカードを受け取った方は、2Fロビーより23Fでエレベーターを乗り継いで、41Fまでお上りください。

お帰りの際は、ゲストカードは入館証ボックスには投函せず、2Fで担当者に手渡してください。途中退場される方は、受付担当者が2Fまで付き添いますので、41Fにて運営関係者にお声がけください。

講演概要

Amazon Alexa & Google Home との連携用IdPの実装

昨年後半から立て続けに日本でリリースされた Amazon Alexa や Google Home などの「スマートスピーカー」は、3rd-party サービスとの連携が可能であり、リクルートグループではいち早くこれらのスマートスピーカーとの連携を開始しています。

スマートスピーカーとのサービス連携においては、特に自社のユーザーアカウントと Amazon / Google アカウントを連携させる「アカウントリンキング」がサービスの肝になります。

今回はリクルートグループ共通基盤として開発した「アカウントリンキング」機能についてご紹介します。

iOS & Android 上での OpenID Connect Self-Issued IdP を応用した Single Sign On の実装

OpenID Connect の仕様の中には、スマホアプリ等を ID Provider (IdP) として扱う "Self-issued IdP" という機能が含まれています。リクルートグループでは、各サービスの公式 iOS アプリ間での Single Sign On (SSO) の実現のため、この OpenID Connect Self-issued IdP の技術を活用しています。

また、Android でも iOS と少し実装方法は異なるものの、基本的には Self-issued IdP を使って複数アプリ間の SSO を検討中です。

今回は主に iOS 側の Self-issued IdP を利用した SSO 実装についてご紹介します。

テレビ版GYAO!アプリへのOAuth 2.0 Device Flowの実装

ブラウザーやWebViewが使えないあるいはテレビのように文字の入力が容易ではないデバイス向けの認可の仕様にOAuth 2.0 Device Flowがあります。 昨年ヤフーではDevice Flowを導入したテレビ版GYAO!アプリをリリース致しました。今回はテレビ版GYAO!アプリを例にDevice Flowとヤフーにおける実装についてご紹介致します。

「スマートログイン」「MySoftBankプラス」など、ソフトバンクにおけるID連携実装について

ソフトバンクにおけるOpenID ConnectによるID連携の活用例として、Yahoo! JAPAN様とサービス提供中の「スマートログイン」での回線認証ベースでのIdP実装や、「MySoftBankプラス」アプリより提供を開始した指紋認証ベースでのIdp実装など、についてご紹介いたします。

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザーが投稿することができます

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。