ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

【無料 事例セミナー】EDR + IR 「攻め」のセキュリティによる脅威対策セミナー

日時 :
2017/11/30 (木) 14:00 ~ 17:00
定員 :
50人
会場 :
フクラシア丸の内オアゾ Jルーム(東京都千代田区丸の内1-6-5(丸の内北口ビルディング))
URL :
http://www.nvc.co.jp/event/index.html
主催者 :

☆次世代エンドポイントセキュリティを採用!その決め手を情シスが語る!☆

日々脅威は進化し、もはや完全に攻撃を防ぐことは出来ないといわれて久しく、昨今では侵入前提のセキュリティ対策として注目を集めているEDRですが、その運用は容易ではありません。専門家の知識と組み合わせ、使いこなすことで最大の効果を発揮します。 今回は、世界中の専門家たちから圧倒的な支持を得るEDRのパイオニア、CarbonBlack社CTOが初来日し、エンドポイントセキュリティと現在と未来について語ります。また日本でのIR (インシデントレスポンス) の提供を開始したTrustwave社のサービスをご紹介いたします。 更に、Cb Response + Trustwaveの組み合わせでの採用を決められた、国内大手システムインテグレーター、TIS株式会社のご担当者より導入秘話をお話いただきます。 EDR、IRの概要から導入のポイントまでまるっとご紹介する、本セミナーに是非ご来場ください。

開催概要

日時

11月30日(木)14:00-17:00(13:30受付開始)

会場

フクラシア丸の内オアゾ Jルーム

対象

エンドユーザー様限定

定員

50名

※競合にあたる企業、個人からのお申込はお断りさせていただきます ※応募多数の場合は抽選をさせていただく場合がございます。

費用

無料(事前登録制)

共催

トラストウェーブジャパン株式会社 カーボン・ブラック・ジャパン株式会社 株式会社ネットワークバリューコンポネンツ

後援

TIS株式会社

内容

第1部「最新の脅威トレンドと今必要なエンドポイントセキュリティについて」

CarbonBlack Inc. CTO Michael Viscuso

2020年Olympics/Paralympicsに向けて急増が予想されるサイバーセキュリティの最新トレンド、及び、セキュリティ対策の最後の砦としてのEDR(インシデント・レスポンス)の重要性をEDRの第一人者であるマイク・ヴィスクーソよりご紹介申し上げます。 (同時通訳有)

第2部「プロに任せて安心のセキュリティ運用サービス〜最先端ノウハウで、世界的脅威から組織を守る〜」~

トラストウェーブジャパン株式会社 セールスエンジニア 笠井 慎一

マネージドセキュリティサービス分野で急成長を続けるTrustwaveのサービスをご紹介します。世界有数の脅威分析調査組織であるSpiderLabsが裏付ける、エンドポイントを含む一元的なセキュリティ運用のケーススタディをご覧頂きます。

第3部「増え続ける運用現場の負荷と戦略的なエンドポイント対策の見直しについて」

TIS株式会社 管理本部 情報システム部 エキスパート 音喜多 順

新たな脅威が日々発生する昨今、エンドポイントセキュリティ製品が発する過検知は運用担当者の業務をさらに過酷にしている。休日、夜間問わず発生するアラートに対応するために出した答えとは。1万台規模の端末を運用する責任者が語ります。

お申込はこちらから!

http://www.nvc.co.jp/event/index.html

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザーが投稿することができます

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。