ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

#エンジニアのためのアドテクセミナー #ADTech

Default latent

【イベントテーマ】

すでに一般化し、毎年世界中で多くのサービスがリリースされるマーケティングテクノロジー業界において、「広告」はその入り口にあり、もっとも多くのユーザーと接する重要な立ち位置となっています。
そんなアドテク業界では、様々な工程でエンジニアのニーズが高まっております。

この度、現在アドテク業界にいる方も、これからアドテク業界に入りたい方も広く基礎知識とトレンドを学んでいただくイベントを開催します。

今回のイベントでは、アドテクノロジーを活用し、多くの企業の課題を解決へと導いた株式会社Speee アドテク事業部の長山雅之氏に、エンジニアに役立つアドテク業界の基礎知識とトレンドをお話していただきます。

【講演について】

アドテク(アドテクノロジー)は日々進化を続けており、技術者のニーズも日々高まってきております。
ただ一言で「アドテク」といっても様々な種類があり、「どう勉強を進めるべきか…」と重い腰を上げられていない方も多いのではないでしょうか。

本セミナーでは、技術者としてアドテクに関わる上で、必要になる基礎知識やトレンドをわかりやすくお話いたします。
皆様のアドテクキャッチアップにお力添え出来ましたら幸いです。

▶︎ 登壇者紹介: 長山 雅之(ながやま まさゆき)氏
株式会社Speee 
ジタルコンサルティング事業本部 アドテク事業部
トレーディングデスク事業 トレーダー

2014年新卒で株式会社Speeeへ入社。
SEOコンサルティングを経験した後、2015年5月より現職。
運用型広告の運用に加え、データフィード広告やGoogleAnalytics、GoogleTagManagerなどの技術的支援を行うなど、テクノロジーを用いた課題解決を得意としており、必要があれば自らコーディングも行う。
使用言語はPythonやSQL、JavaScriptなど、データの収集や分析として使うものが主。

【ここがポイント】

アドテクはIT業界でも特に進歩が早い分野で、キャッチアップが大変な分野です。また、事業に対するITの寄与度の高い分野でもあります。

今回のANKETイベントではこういった日々非常に変化が早いアドテク業界における基礎知識から変遷、また、現在やこれからのトレンドを網羅的に知ることができる貴重な機会です。

アドテクに関係する人も、事業にITで貢献するための日々の具体的な施策について知りたい方にとっても満足してもらえる内容であることは間違いありません。

※解説:ANKETテクニカルアドバイザー 吉田真吾氏

【開催概要】

・日時:   2017年11月15日(水)19:00~21:30
・プログラム:18:30~19:00 受付
       19:00~20:30 「技術者としてアドテクに関わる上で必要になる、基本的な知識とトレンド」
       20:30~21:30 名刺交換会&懇親
・参加費:  無料
・持ち物:  名刺(参加受付、名刺交換の際に必要です。)
・定員:   100名
・会場:   Speee Lounge
・アクセス: ・「六本木駅」より徒歩7分 ・「六本木一丁目駅」より徒歩7分


※定員に達した場合、お申込みをお断りさせていただく場合もございますので、ご了承ください。
※当日、内容は変更になる可能性がありますので、ご了承ください。

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザーが投稿することができます
Mary35
Mary35 - (2018/08/07 (火) 04:10)
Great post! I am actually getting ready to across this information, is very helpful my friend. Also great blog here with all of the valuable information you have. Keep up the good work you are doing here. SONGSPK
Agan
Agan - (2018/08/14 (火) 03:15)
Very informative article that you share. In future you share more. Thanks for sharing..

listening music
https://storeboard.com/blogs/music/how-to-download-hi

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。