ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

営業・セールス TV取材で注目を集めて宣伝する!プロが教えるメディア取材を呼ぶ極意

Default latent
日時 :
2017/06/21 (水) 18:30 ~ 20:30
定員 :
5人
参加費 :
5,000円
会場 :
福岡市健康づくりサポートセンター(あいれふ)9F 研修室C(福岡県福岡市中央区舞鶴2丁目5-1)
URL :
https://www.street-academy.com/myclass/23187?conversion_name=direct_message&tracking_code=71c10e34727da65eb4670864b42471de
主催者 :

お仕事やイベントの宣伝をしたい人のための、TV、ラジオ、新聞、雑誌などから取材に来てもらい、注目を集めて「無料で」宣伝する、すぐに使える実践的ノウハウが学べます。

<こんなことが出来るようになります> いい商品なのに、売れないなんて、本当にもったいないですよね。 もっとたくさんの人に、知ってもらうことができれば、それだけお客さんを増やすことができます。

でも、宣伝するにしても、広告費は高いし、そもそも、TVや新聞に掲載しえもらえるかなんてわかりません。 事実、TVや新聞などのメディアに広告を出すとなると、厳しい審査があって、それを通過しないと、広告掲載はできません。 おまけに、広告費はバカ高いです。

でも、TVや新聞に掲載されれば、たくさんの人に知ってもらえて、売れるようになるのも事実です。

ではどうすれば、TVやラジオ、新聞や雑誌を使って、宣伝できるのでしょうか?

その方法の一つが、「取材を受けること」です。

取材を受ければ、番組や記事として取り上げてもらうことができます。 しかも、「タダ」で。

でも、取材を受けるためには、ただ待っているだけでは、問い合わせは来ません。

そこで、記者や編集者に、取材をしてもらうために「プレスリリース」を送ります。 この講座では、 「記者が興味を持つプレスリリースの具体的な作り方」 だけでなく、 「取材依頼が舞い込む、プレスリリースの送り方」 はもちろん、あまり他では教えてくれない、 「取材の受け方」についても、講座の中で詳しく解説します。

さらに、ノウハウを学んでいただくだけでなく、実際にワークをしていただき、取材を受けるための第一歩を踏み出しましょう!

あなたも、取材を受けて、たくさんの人に知ってもらい、ちょっとだけ有名になりませんか?

今回、この講座でお伝えする内容を、一部ご紹介します。

1.なぜ、小さな会社は、本屋に並んでいる「プレスリリースの本」を参考にしてはいけないのか?

2.記者や編集者が喰いつく、アイデアや「ネタ」の作り方

3.取材が舞い込むプレスリリースの「3つのポイント」とは?   プレスリリースには、抑えておくべき3つのポイントがあります。   そのポイントについて、お教えします。

4.プレスリリースを書くときに、特に注意すべき項目とは?   この項目は、絶対に外してはいけません!

5.インパクトのある「ネタ」にする、4つ+αのワーク   記者は「特ダネ」を探しています。   そんな「特ダネ」になるような、インパクトのあるニュースの作り方についてお教えします。

6.記者や編集者に強烈な印象を与える、タイトルの付け方   プレスリリースでは、タイトルは命です!   タイトルで気を引けなければ、取材が来ることはありません。

7.記者の興味をそそる「○○」の掲載方法   これを見ると、プレスリリースを見た記者が会いたくなります。

8.プレスリリースを送るときに必要な「連絡先」を調べる裏技   当然ですが、プレスリリースを送らないと、見てもらえませんよね。   では、どこに送ればいいのでしょうか?その連絡先の見つけ方も教えます。

9.プレスリリースの送り方、送る回数   プレスリリースの送り方にも、ひと工夫が必要です。   また、1回送っただけでは、気付いてもらえません。    10.取材で緊張しないために準備すること    取材って緊張しますよね。    特にカメラがあると、なおさらです。    そこで、取材を受ける時に緊張しないための、事前準備についてお話しします。

<こんな風に教えます> 一通り解説をした後、実際にワークをします。 アイデアを出して、時間があれば、「プレスリリース」もその場で作ることもできます。

<持ち物> 筆記用具

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザが投稿することができます

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。