ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

【第一回 Phybbit勉強会 〜Chatbotについてお話ししましょう〜】

Default latent
日時 :
2017/06/15 (木) 19:00 ~ 21:30
定員 :
30人
会場 :
21cafe<ニイイチカフェ>(東京都渋谷区道玄坂2-11-1 G-SQUARE 10階)
URL :
https://geechs-magazine.com/21cafe/index
主催者 :

【第一回 Phybbit勉強会 〜Chatbotについてお話ししましょう〜】


登壇者

Eurico (株式会社Phybbit CTO)

Kanda (株式会社Phybbit engineer)

Bob (株式会社Phybbit engineer)

Edward(INFERRET JAPAN株式会社 CEO)

Christoph(INFERRET JAPAN株式会社 COO)


講演内容


Eurico

イントロダクション/ Chatbotの概要とユースケース紹介

- サービス(SpiderAF)のサーバー側のインフラストラクチャの状態をChatbotで監視 -


2つのパートに分けてお話します。
まずは、

  • Chatbotとは何か

  • 一般的なChatbotで利用できるリソースはどのようなものがあるか
    をお話します。

次に、
サービス(SpiderAF)インフラストラクチャの監視で

確認された問題
その問題の調査に費やす時間を短縮するためにどのようにChatbotを使用したか

についてお話します。


Kanda

GoogleAppScriptでSlackBotを作る

サーバ管理不要のSlackbotを作る!

GoogleAppScriptは、サーバを立てずに Httpリクエストに応答するエンドポイントを準備することができます。

そこで、

GoogleAppScriptを使い サーバ管理不要のSlackbotを作る方法

をご紹介します!


Bob

AWSで試すChatbot (仮)

サーバ管理不要のChatbotを作る!

Chatopsを気軽に試すために、AWSの

  • Lambda
  • APIGateway

を使って、サーバ管理不要のChatbotを作る方法をご紹介。

また、システム構成実装の上で注意するポイントをお話します!


Edward and Christoph

エンベデッド環境におけるマルチモーダル音声対話

Inferretで研究開発している

マルチモーダル音声対話 についてお話しします。

研究の目的は複数の入力情報(例えば 音、タッチと動画)を同時に処理して
出力(例えばブラウザに表示してテキストを読み上げ)する、
マルチモーダルダイアログシステムの開発です。

特に私たちは、プライバシーの問題を重要と考えているので、インターネットに接続せずに動作する
端末組込型の開発に取り組んでいます。


※ 内容は変更になる可能性があります。
※当日、軽食・お飲物ご用意ございます。
※ 当日の外国人スピーカーのLTは英語で行います。


開始時間 発表時間 タイトル 発表者
18:45 開場・受付開始
19:00 5分 ご挨拶・イントロダクション
19:05 20分 Chatbotの概要とユースケース紹介 -サービス(SpiderAF)のサーバー側のインフラストラクチャの状態をChatbotで監視 - Eurico
19:25 20分 GoogleAppScriptでSlackBotを作る Kanda
19:45 10分 休憩
19:55 20分 エンベデッド環境におけるマルチモーダル音声対話 Edward and Christoph
20:15 20分 AWSで試すChatbot (仮) Bob
20:35 懇親会
21:30 終了予定


プロフィール


Eurico

  • ウェブ/モバイル開発(4 年)
  • ゲーム開発(1 年)
  • AIの応用研究 (4年)

Kanda

  • iOS開発(3年)
  • php開発 (9ヶ月)
  • java 開発(2ヶ月)
  • Ruby on rails開発(1年7ヶ月)
  • node.js開発(6ヶ月)

Bob

  • Ruby on Rails での 3年間のwebアプリ開発
  • Objective-C・Swiftでの3年間のiOSアプリ開発
  • DevOps(9ヶ月)

Edward

  • 音声認識 博士(ケンブリッジ大学)
  • 音声認識・ランゲージモデリング リサーチ経験(20年以上)

Christoph

  • 自然言語処理 博士(東京工業大学)
  • 自然言語処理・カーナビ対話開発経験(20年以上)


このような人にオススメ!

  • Chatbotを試してみたい人
  • Chatbotが本番運用でどのように役に立つのかを知りたい人
  • Chatbotを使っているが、サーバの管理をしたくない人
  • AWSLambdaとAPIGatewayに興味がある人

English

【The First Phybbit Study Group ~ Lets talk about chatbot】


Date: [tentative] 15/ 6/ 2017 (Thursday)
Time: 7pm ~ 9:30pm (Opening 6:45pm)
Admission Fee:Free (30 tickets only)
Venue :21cafe<ニイイチカフェ>
※Participants can bring their own refreshments (We prepare light meal and drinks.)
URL :https://geechs-magazine.com/21cafe/index


Speakers

Eurico (株式会社Phybbit CTO) Kanda(株式会社Phybbit engineer) Bob(株式会社Phybbit engineer) Edward(INFERRET JAPAN株式会社 CEO) Christoph(INFERRET JAPAN株式会社 COO)


Talks

Eurico
Introduction on chatbots & Use case: monitoring SpiderAF's server-side infrastructure status with a chatbot

The talk with be split in 2 parts.
During the first part we will review what is a chatbot, what are the resources available to u to make one, the typical applications. In the second part, we will explain the problems we were facing in monitoring our service's (SpiderAF) infrastructure and how by introducing a chatbot we could reduce our time spent investigating problems.


Kanda  SlackBot with Google Apps Script

Let's create Slack bot without managing server!
Google Apps Script prepares endpoints to respond to http requests.
I'll introduce how to create slackbot without server management using Google Apps Script.


Bob Run chatbot with aws lambda and api gateway

Let's create Slack bot without managing server!

To feel free to try chatbot, I'll introduce how to create chatbot without server management using aws lambda and api gateway.
And, I'll talk about point to note in the system configuration and implementation.


Edward and Christoph Multi-modal voice agents in embedded environments

Describe the progress of our R&D work at Inferret towards developing multi-modal interactive agents. The aim of our recent R&D has focused on examining how to effectively combine multiple types of simultaneous input sources(e.g. sound, touch and video) with simultaneous output modalities(e.g. browser display and text-to-speech) - a multi-modal dialog system. In particular, we are very sensitive to privacy concerns and focus on solutions which do not require a connection to the internet. We hope to demonstrate the progress of our development with a demo.


Schedule

18:45 Registration
19:00 Opening speech
19:05 Introduction on chatbots & Use case: monitoring SpiderAF's server-side infrastructure status with a chatbot Eurico
19:25 SlackBot with Google Apps Script (仮) Kanda
19:45 Break
19:55 Multi-modal voice agents in embedded environments Edward and Christoph
20:15 Run chatbot with aws lambda and api gateway (仮) Bob
20:35 Networking session
21:30 Closing


Speaker Profile

Eurico
- web/mobile development (4 years)
- game development (1 year) - research in applied AI (4 years)

Kanda
- iOS 3 year - php 9 month - java 2 month
- ruby on rails 1 year 7 month - node.js 6 month

Bob
- 3 years web application development with using RoR
- 3 years ios application with Objective-C and a little swift
- 9 months DevOps

Edward
- PhD in Speech recognition (Cambridge University)
- 20+ years experience in speech recognition and language modelling research

Christoph
- PhD in Natural Language Processing (Tokyo Institute of Technology)
- 20+ years experience in natural language processing and dialog development for Car Navigation Systems


Peoples who will be recommended to listen your session

  • Peoples who want to try chatbot

  • Peoples who has been used chatbot on their server, and don't want to care about their server

  • Peoples who has a interest in aws lambda and aws api gateway


  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザーが投稿することができます

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。