ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

戦略的なIoT利活用によるビジネス強化 in 名古屋

2016年に引き続き、2017年はあらゆる企業がIoTの導入をさらに加速することが予想されています。「IoT」を効果的に利活用して、製造業、運輸業、自動車関連、社会インフラ、その他の幅広い分野で、現場のモノやヒトの状態を把握し、「工場の生産性や製造品質の向上」 、 「商材の競争力強化」 に繋げたいというニーズが高まっています。
製造業の工場では、「歩留まりの向上」、「多品種少量生産への対応」、「生産拠点のグローバル展開」、工場の稼働や品質を改善するための「機器パラメータの最適化」 や 「故障予兆検知」 といったIoT利活用が進んでいます。工業製品が出荷された後のアフターマーケットでは、IoTを利活用した新規サービスの創出が進んでいます。
オージス総研では、大阪ガスと密接に連携しデータ分析とIoTの取組み実績等を基にして、ユーザへの新たな価値提供を目的に、IoTとデータ分析を十二分に利活用するための「オージス・IoTコンサルティングフレームワーク」を開発しました。本フレームワークに含まれるラインナップの特長として、「IoTメッセージングプラットフォーム(MessagePub+)」、「製造業向けIoTデータ分析ソリューション:マドラー」、「需要予測データ分析ソリューション:iPrediction(アイ・プリディクション)」に加え、ロードマップ策定、価値提供サービスの導出、IoTプラットフォーム、データ分析を組み合わせた「フィージビリティ・スタディ支援サービス」をご用意しております。
この貴重な機会にぜひご来場頂き、皆様の課題解決の一助としてお役立て頂きますようお願いいたします。

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザーが投稿することができます

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。