ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

人工知能セミナー 「シンギュラリティに備えよ!~最先端研究からSociety5.0~」

Default latent
日時 :
2017/05/27 (土) 10:00 ~ 12:00
定員 :
28人
参加費 :
500円
会場 :
ShannnonLab株式会社 中野開発室 4F 応接室(東京都中野区新井薬師5-29-1)
主催者 :

「概要」

対象:


    • 人工知能技術に関心はあるが、具体的な活用方法に落とし込めず、人工知能の技術の活用を断念している中小企業の方

    • AI技術に関心があり、今後導入を考えている企業の方


内容

①今回の発表会の意義 10:00~10:05

②ベトナム・ハノイでのAI開発事情 10:05~10:25
 発表者 株式会社ヴィーネクスト 取締役副社長 森周平 
 ※略歴はページ下部に記載

③ アンドロイドの現状と今後の活用 10:25~10:45
 発表者 株式会社エーラボ 島谷直志 ※略歴はページ下部に記載

④シャノンラボの取り組み 10:45~11:05
 発表者 ShannonLab株式会社高内伸介

休憩 11:05~11:10

⑤「Society5.0」ディスカッション 11:10~11:35
 

⑥質問 11:35~11:45

⑦アンケート+名刺交換会 11:45~12:00

当イベントでは、今後、人工知能がもたらす新たな時代として、「Society5.0」というワードをテーマに掲げております。

これは、
狩猟社会→農耕社会→工業社会→情報社会 に続く5番目の人工知能を用いた社会という意味で、日本政府が示している科学技術政策の基本指針「第5期科学技術基本計画」の文中で用いられている言葉です。

ご存じのとおり、今後、人工知能は飛躍的に人々の生活に取り入れられていく技術・分野であり、これから更なる躍進を遂げると考えられます。
現在でもすでに人工知能は着実に実用段階へと移行しつつあります。例えばチェスや将棋、囲碁のようなゲームのプレイヤーとして、人工知能が運用されているという事例や、自動運転を行う頭脳としての活用、加えて、自動翻訳にも人工知能が使われていることが話題となっています。

このように、現在様々な形で人工知能が活用されているため、人工知能に関する知識の共有および、人工知能技術のご紹介の場として今回のイベントを開催するに至りました。

繰り返しになりますが、人工知能は、非常に成長性のある分野です。
現段階では、人工知能の技術を取り入れる予定が無い企業様も、人工知能に関する知識をお持ちになれば、今後の経営戦略に幅が広がると思われます。

みなさま、お待ちしております!!

「参加費」

 

500円

森周平(もり しゅうへい)
2010年Androidの盛り上がりの中、八王子でスマートフォンアプリケーションの開発会社を設立。
アプリ開発を行う中でオフショア開発の面白さに目覚め、小さいながらもベトナム・ミャンマーに拠点
を持つ株式会社ジーネクストに入社。2016年ベトナム拠点である株式会社ヴィーネクスとの副社長に就任。

島谷直志(しまや ただし)
アミューズメントロボットの製作会社にて特注造作物(恐竜・ゲームキャラクター・野外モニュメント等)の製作を経て、現在は日本で唯一のアンドロイド・ロボット製作会社A-labにてメカ設計を行う。
 
森 周平 略歴

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザが投稿することができます
Shannon Lab
Shannon Lab - (2017/05/26 (金) 10:16)
当日は9:30から会場は開いています。
ご参加お待ちしております。

Shannon Lab株式会社 高内伸介
goosun
goosun - (2017/05/27 (土) 09:41)
西武新宿線が運転見合せ中、遅れて参加します。

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。