ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

電子工作ワークショップ「三端子レギュレータと発光ダイオードを用いた電源回路の作成」開始記念 05/07 10時~【参加無料】

日時 :
2017/05/07 (日) 10:00 ~ 12:00
定員 :
2人
会場 :
長岡京コワーキングスペース(京都府長岡京市開田4丁目2-9ヘルプビル3F)
URL :
http://coworking-nagaokakyo.jp/electronic/page-1853/
主催グループ :
Atnd latent 長岡京コワーキングスペース

【内容】

「三端子レギュレータと発光ダイオードを用いた電源回路」の作成です。
発光ダイオードは、通常 LED と呼ばれ、すでに市民権を得て、広く知れ渡る電子部品の一つです。
LED は、一定の電圧を加え、素子に電流を流すことで発光します。素子に流れる電流の大きさに応じて発光量が変化します。
しかし、電流を流せる大きさは、各素子によって異なり、流す大きさも異なります。
そのような電源(電圧)を印加することで駆動できる部品をアクティブ素子と呼びます。

三端子レギュレータは、アクティブ素子の一つで、高い電圧から一定の電圧を安定的に出力できる素子です。
LED を発光させる場合、三端子レギュレータのような一定の安定電圧を出力する回路素子が必要になります。

今回は、三端子レギュレータの使い方と、発光ダイオードを発光量を調整する方法を学びます。
同時に、実際にユニバーサル基板と呼ばれる基板上に、実体配線図を作り、はんだ付けまでが学べます。

電子回路を始めるにあたり、最初に安定した電源を作ることは、とても大事です。
実際に作成する回路図は、下図のとおりです。この回路図から実体配線図を作成して、はんだ付けをします。

【参加資格】

  • 小学生4年生~

はんだ付けを行います。
※ はんだ付けなど工具を使っての作業になります。必ず、免責事項をお読みください。

【免責事項】

  • 細心の注意をしながら指示および作業をいたしますが、怪我をする恐れがありますので、あらかじめご了承の程よろしくお願いいたします。
  • このコメントはイベント参加者と主催者のみ閲覧/投稿できます。
掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。