ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

"話す力が人生を劇的にする" スピーチクラブ

Default latent
日時 :
2017/05/16 (火) 19:30 ~ 21:30
定員 :
20人
参加費 :
2,000円
会場 :
STUDIO FEATHER(東京都文京区後楽2-23-12 Holic House2F)
URL :
http://www.feather-project.com
主催者 :

<スピーチクラブとは>

◇くじ引きによりテーマを決定し即興でスピーチを行う、「即興スピーキング部門」
◇各自持ち寄ったテーマでスピーチを行う、「パブリックスピーキング部門」
エントリーしたそれぞれの部門で、自らのスピーチ・プレゼンを披露し競う機会。
それがスピーチクラブです。

<スピーチクラブ設立の経緯>

社内でのプレゼンや、営業でのトーク、部下への訓示、面接でのPR、講師としての指導等…このような話す機会は、年齢・仕事内容を問わず、直面することはあります。
そして、ある一定の能力、あるいは能力の向上が求められる時代のように思われます。
しかし、プレゼン・スピーチ力を向上させる場や機会はあまりにも少ないものです。

このスピーチクラブは、長年の俳優・演劇の経験を生かし
現在「俳優流スピーチ&プレゼン術」の第一人者として活躍され、数々の経営者の指導や大手企業に対する研修実績を持つ別役慎司氏が主宰となり、「人々のスピーチ・プレゼン力を劇的に改善する」ことを目的に設立いたしました。

スピーチクラブ

<何故スピーチクラブなのか・目的>

名著『人を動かす』の著者、デール・カーネギー氏は、人前でのスピーチ力を「万人共通の重要な能力」と位置づけ、実戦的な力の育成と自信をもたらす場の提供
のため、定期的にスピーチクラブを開催していたとされています。
スピーチクラブに参加され続けた方々は、緊張を克服し、話す自信を手にし、劇的に人生を変えました。

また、チャーリー・チャップリンは俳優仲間と毎晩のようにクジ引きでの即興スピーチをやっていたといいます。
当意即妙で人の心をつかむ語りの技術は即興によって養われるのです。

このような事例に習い
・定期的に自らのスピーチ・プレゼン力を試し鍛える事
・仲間とともに切磋琢するだけでなく、交流する機会、
「俳優流スピーチ&プレゼン術」の第一人者から学ぶ機会を提供する事
を目的に、スピーチクラブは定期的に実施して参ります。

◼︎ルール

スピーチクラブは、二部門のコンテスト形式です。
⑴パブリックスピーキング部門……考えてきた話を発表する
⑵即興スピーキング部門……くじ引きで出たテーマで即興的に話をする

どちらで挑んで頂いても構いません。
観覧のみの方も歓迎です。
参加者の投票に基づきベストスピーカーを選出します。

・パワポやホワイトボードの類いは使用不可。自社商品など物の使用は可。
・資料の配付も可能。
・持ち時間は5分間。一度スタートすると、やり直しは不可。
・パブリックスピーキング部門のテーマは参加者が自由に設定してよい。事前に事務局まで伝えること。
・即興スピーキング部門のテーマは、参加者が事前にクジを作成し、本番では2枚まで引くことが出来る。

〜参加者の声〜
・とにかくチャレンジしてよかった。考えすぎず、行動することの重要性を
 再認識できた。(営業職/40代)

・即興は初めてで、やって見る前は不安ばかりだったが
 実際にやって見ると楽しかった。継続的に参加して成長したいと強く感じた。
 (経営者/40代)

・人前で話すことの抵抗を少なくするための、場慣れする機会はなかなかないため
 今後もスピーチクラブを活用して克服していきたい。(コンサル業/30代)

当日の流れとタイムスケジュール

◼︎タイムスケジュール(予定)
19:00~ 開場
19:30~ 開会・スピーチクラブのご説明
19:40~ パブリックスピーキング型のスピーチ開始
20:25~ 即興スピーキング型のスピーチ開始
21:00~ 投票・集計
21:15~ 各部門ベストスピーカーの発表・総評
21:25~ 事務局より
21:30  終了・懇親会へ

こんな方を対象としています

~下記の項目に該当する方のご参加をお待ちしております。~
☑︎人前で話す力に自信がない
☑︎スピーチ力&プレゼン力を向上させたい
☑︎即興的に話す力、臨機応変に対応する力が乏しい
☑︎トレーニングする機会が少ない
☑︎トレーニングする機会があっても良いフィードバックをもらえていない

スピーチ力・プレゼン力アップに

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザが投稿することができます

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。