ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

世界的な演技講師ウルリッヒ・マイヤー・ホーシュが教える演劇教育「フォーラムシアター」という手法

Default latent
日時 :
2017/04/22 (土) 10:00 ~ 20:00
会場 :
STUDIO FEATHER(東京都文京区後楽2-23-12)
URL :
http://ulrich-forumworkshop.vsw.jp/
主催者 :

フォーラムシアターワークショップ
&こども教育家交流パーティー

グローバルな演劇教育を日本に普及させるべく設立いたします一般社団法人日本グローバル演劇教育協会(通称GLODEA)では、4月22日(土)にフォーラムシアターの創始者アウグスト・ボアールと親交のあった俳優教育のプロ、ウルリッヒ・マイヤー・ホーシュの「フォーラムシアターワークショップ」を開催いたします。終了後には、設立記念交流パーティーもあり、演劇教育家や子ども教育に関わる人たちの交流を深めたいと思います。

●この人物のなにがすごいのか

数少ないマイケル・チェーホフの国際認定講師であるだけでなく、ヨーロッパ支部の中心的メンバーである。
ドイツで25年のプロ俳優としてのキャリアを持っている。
サイモン・マクバーニー、ヨシ・オイダ、デヴィッド・ジンダー、アウグスト・ボアールなどワールドクラスのビッグネームと仕事をしている。
ハイデンベルグ大学やロンドン大学キングスカレッジで、ハンブルグ演劇学校で、演技や神学・哲学・劇場教育学などの学位を取得している。
ヨーロッパ各国、ロシア、台湾、ブラジル、アメリカなど世界各国で教えている。

グローバルな演劇教育を導入する上で外せない、世界中で行われているフォーラムシアターのメソッドの仕組みを皆様と共有、またマイケル・チェーホフ・テクニークを応用したウルリッヒのアプローチをご紹介いたします。

●SCHEDULE

WORKSHOP: 4/22(土)14:00~17:00
13:30-14:00 受付 

マイケル・チェーホフ・テクニークを使ったゲーム感覚のアイスブレイクワーク
フォーラムシアターの説明と実際にやってみるワーク
ヨーロッパでどのような演劇教育を行っているのか マイケル・チェーホフを応用したウルリッヒの手法
質疑応答

言語:英語 通訳: 秋江智文

FOUNDATION PARTY: 4/22(土)17:30~20:00

協会設立記念交流会
ワークショップ懇親会を兼ねた交流会はスタジオで行います 

参加は自由。お酒にソフトドリンク、オードブルをご用意いたします。演劇教育やグローバル教育に関わる団体さんをご紹介します。豊富な意見交換と人脈作りに繋がります。なお、ウルリッヒも交流会には参加する予定です。ドイツ人ですが英語が堪能ですので、英語で会話をすることができます。
参加費:3000円

【参加費】

海外講師を招いた特別ワークショップ
4,000円

協会設立記念 交流パーティー
3,000円

詳しくは特設ページをご覧下さい。
http://ulrich-forumworkshop.vsw.jp/

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザーが投稿することができます

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。