ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

実践クラウド技術セミナー福岡

実践クラウド技術セミナー福岡

すでにクラウド技術の利用は一般化し、その適応分野をどんどん広めてきています。
その中でさまざまな変化が見えはじめてきています。

Javaは、クラウド技術をささえる基盤技術しとして重要な位置にありますが、
15年にわたってJavaを主導したSunをOracleが買収し、Javaは大きく変わりはじめました。
また、クラウド技術によって複数のPCサーバーによる分散処理基盤が普及をはじめ、
メインフレームによる処理をおきかえはじめています。
このように激しく環境が変化する中で、ソフトウェアの構築にもすばやさが求められるようになりました。
そのひとつの解として、仕様定義からのソフトウェア自動生成があります。

今回は、実際にHadoopでの分散処理環境の構築に携わられているokachimachiorzさん、
「ボクらのScala」著者でありScalaによる仕様記述からのアプリケーション自動生成を研究されている
浅海智晴さんをお迎えして、これから必要になっていく技術について勉強していきたいと思います。

Java、Hadoop、Scala、そしてこれからのソフトウェア技術に興味のある方は是非ご参加ください。
また、「大きな声で話せない話」を聞くチャンスでもあるので、
懇親会 (http://atnd.org/events/8856 )のほうにもぜひご参加ください。

開催概要

  • 日時:
    2010年10月21日(木) 18:30〜21:00
  • 参加費:
    1000円
    ※ 学生は無料、身分証を提示していただくことがあります。
    (参加人数によって変動する可能性があります。ご了承下さい。)
    (講演者の交通費等に充てさせてもらいます。ご協力下さい。)

タイムテーブル

時間 講演者 タイトル
18:30 – 18:55 きしだ なおき オープニング&Javaの今後(仮)
19:00 – 19:25 okachimachiorz Hadoopのマーケッタビリティ・・
本当にHadoopで儲かるのか?現場から中継です!
19:30 – 20:55 浅海智晴 Scalaでクラウド・アプリケーション
※敬称略

講演概要

オープニング&Javaの今後(仮)

  • 時間:18:30 – 18:55
  • 講演者:きしだ なおき
  • 概要:オープニング&Javaの今後

Hadoopについて~実証データからの報告

  • 時間:19:00 – 19:25
  • 講演者:okachimachiorz
  • 概要:「Hadoopのマーケッタビリティ・・本当にHadoopで儲かるのか?現場から中継です!」
    エンジニア・サイドから見た時に如何にHadoopがビジネスになるか?実際の営業経験から、その感覚や、そのために何が必要か?

Scalaでクラウド・アプリケーション

  • 時間:19:30 – 20:55
  • 講演者:浅海智晴 (匠Lab, JJUG)
  • 概要:「Scalaでクラウド・アプリケーション」
    本セッションは、浅海が開発しているScala DSLベースのクラウド・アプリケーション・フレームワークg3を素材に、クラウド・アプリケーション開発の勘所とScalaの適用について説明します。
  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザーが投稿することができます

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。