ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

第2回 リバくま交流会

Default latent
日時 :
2016/08/27 (土) 13:30 ~ 16:30
定員 :
40人
会場 :
市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館) 第7会議室(熊本市中央区桜町1番3号)
主催グループ :
Atnd latent 復興ICT支援チーム リバイブくまもと
主催者 :

リバくま交流会#2

~熊本地震からの復興に向けたICT利活用を考える~

6月11日に設立された産官学NPO連携の「リバイブくまもと」では、関係者間の情報交換による支援連携を目的に継続的に交流会を開いてまいります。第2回目は、8月に実施した支援活動のご報告に加え、熊本地震に直面した自治体情報システム部門における現場対応に関するご紹介を熊本市CIO補佐の桐原さんに行っていただきます。また東日本大震災被災地における子どもたちの支援活動を行ってこられた福島の菅家さんをゲストスピーカーにお迎えし、被災地熊本の復興に向けて、これから望まれる支援とは何かを一緒に考えてみたいと思います。

◆プログラム:

「平成28年熊本地震 応急・復旧・復興業務 ICTによる貢献」 13:30-14:20

熊本地震の発生という未曾有の事態に際し、熊本市の情報システム部門として、どのような応急、復旧そして復興業務を行ったのか、そしてICTがどのように貢献したかをタイムラインに沿って説明します。

講演者: 熊本市総務局行政管理部 首席審議員 桐原光洋さん(リバイブくまもと 理事)

「福島で被災した子どもたちの支援活動」14:20-15:00

東日本大震災の被災地福島で、ICTを活用して外で自由に遊べない子どもたちを支援する活動を行われている菅家さんに、これまでの取り組み内容と、これからの熊本で求められることなどについてお話をうかがいます。

ゲストスピーカー: 株式会社Plainnovation 代表取締役 菅家元志さん

「リバくま情報ボランティア活動実施報告」15:10-15:50

熊本市総合体育館、益城中央小学校、健軍商店街などで8月に実施した、情報ボランティア「ききなっせ、かたりなっせ」、Kinectを使った健康増進支援、Omoidoriを使ったアルバム写真のデジタル化支援についての振り返りとご報告を行います。

報告者:熊本くろこ屋 内山 彰さん(リバイブくまもと 運営委員)

まとめ・意見交換 15:50-16:30

※終了後、食事会を予定しています。参加ご希望の方は参加登録フォームにてお知らせください。また簡単で結構ですので自己紹介を入れていただけるとありがたいです。

◆対象

熊本復興に係る行政・NPO・企業・ボランティアの皆さま

◆お問い合わせ

リバイブくまもと事務局 担当:三池(特定非営利活動法人くまもとインターネット市民塾 事務局)
office@revkuma.org / 050-6867-9427


「リバイブくまもと」について
熊本地震発生からやがて4ヶ月が経ち、これまで避難所生活をされていた方の仮設住宅への入居が本格的に進められています。被災地においては、今後、復興に向けた長期的な取り組みが必要となる中で、被災者の支援や被災地の復興に関わる組織や団体等におけるICTの利活用促進や、ICTを活用した地域防災への継続的な取り組みが課題となっています。
今回、一連の地震発生を受けて、熊本県内を中心にICTを活用した地域活性化やまちづくり等の活動を行ってきた有志が集まり、様々な支援団体からの協力をいただきながら、熊本市の指定避難所へのタブレットPCの展開やOffice365による情報共有(くまもとRねっと)などを支援するITボランティア活動を行ってきました。
私たちは、リバイブくまもとのスローガン「Revive KUMAMOTO with ICT = ICTで元気な熊本を再興」を形にするため、避難所における情報共有の支援、被災者支援団体等へのリユースPC無償提供、ICTを活用した仮設住宅等での生活支援、地域防災情報共有システムの提供、ネットを活用した地域防災学習などの活動を通じて、ICTを活用した被災地の救援や長期的な復興支援に取り組んでいきます。

資料: リバイブくまもとの設立について

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザーが投稿することができます

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。