ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

未踏IoT開発合宿 #1

日時 :
2016/06/03 (金) 17:00 ~ 2016/06/05 (日) 15:00
定員 :
15人
参加費 :
15,000円
会場 :
晴海グランドホテル(東京都中央区晴海3-8-1)
主催者 :

ホテルに着いたら直接、会場の会議室までお越しください。フロントで「未踏」と言えばわかるはずです。

未踏OB限定の合宿です。 未踏OBでない方は、申し訳ありませんが参加をご遠慮ください。

対象参加者

未踏OBであればどなたでも参加可能です。ハードウェア・電子回路開発経験の有無、その他条件を問いませんが、部屋割りや運営の参考にするために、参加登録時にアンケートへのご協力をお願いします。

合宿の目的

ソフトウェア技術者の多い未踏OBがハードウェアを学ぶことで、近年話題になっているIoTなど、できることを増やすのが目的です。また、ハードウェア上級者の未踏OBが次のステップを目指すための、情報交換等の場となることも目的としています。

「ハッカソン」ではないので、会期中になにかを作り上げることは目標にしません。それよりは、知識を得て、次につなげられるようにすることを目標にします。

タイムテーブル

以下はおおまかな予定です。タイムテーブルに記載のない時間は、ハードウェアを各自いじる・電子工作をする・情報交換をする時間としてフルに使っていただきたいと考えています。講習も同会場で行いますが、受講しなくてもかまいません。

5日12時まで(昼食前まで)は非公開タイム(他言禁止、パクリ禁止)、5日13時以降は公開可能タイムとします。公開可能タイムでは、写真撮影OK、撮影した写真の公開等をOKにします。

日時 内容
3日 17:00 開場
3日 19:00 – 20:00 夕食
3日 20:00 – 22:00 ハードウェア講習その1
4日 10:00 – 12:00 ハードウェア講習その2
4日 12:00 – 13:00 昼食
4日 19:00 – 20:00 夕食
4日 20:00 – 22:00 発表/LT会(非公開のもの)
5日 12:00 – 13:00 昼食
5日 13:00 – 15:00 発表/LT会(他に公開してもよいもの)
5日 15:00 閉会

ハードウェア講習の内容

ハードウェア開発経験のない方向けに、簡単に講習を行います。
以下のような内容を予定していますが、ほかにご希望があれば、遠慮なく主催にご連絡ください。また、具体的に製作したいもののアイディアがある場合は、事前にご相談いただければ、当日までに用意していただきたいパーツなどをお教えします。基本的にはんだづけの必要ない形での講習を予定しています。

  1. マイコンの扱い方、LEDチカチカ
  2. 各種バス(UART、I2C等)によるセンサーやLCDの制御

対象のマイコンは、Raspberry Pi と Arduino(AVR) です。
Raspberry Pi のほうが IoT の構築が楽なので、おすすめです。AVR はいくつか用意していますが、Raspberry Pi は用意できないので、買って持ってきてください。

以下の部品等を買ってきていただけると、スムーズに講習ができます。

場所

晴海グランドホテル

住所: 〒104-0053 東京都中央区晴海3-8-1

アクセス:

  • 大江戸線 勝どき駅 徒歩7分
  • 都営バス 晴海三丁目停留所 徒歩2分
     以下の系統のバスが停まります。
    • 「都05」東京駅南口発 晴海埠頭行
    • 「都03」四谷駅発 晴海埠頭行
    • 「錦13」錦糸町駅発 晴海埠頭行

会場について

会場は50㎡の会議室です。今回、緊急用のはんだごてを1セットと、スイッチサイエンスの「置き部品」エイドステーションを用意します。「足りなくなった」「破損した」というトラブルにも対応可能です。

はんだごては緊急用とお考えください。 基板モジュールにコネクタをはんだづけする程度はOKですが、キットを1から組み上げるような使い方はご遠慮ください。何か組み立てたいものがある方は、事前にはんだづけを済ませた状態で持ってきていただくのが最良です。ホテルに特例として許可してもらっているので、追加のはんだごての持ち込みもご遠慮ください。

エイドステーションに置いてほしい部品のリクエストは歓迎いたします。スイッチサイエンスの商品なら基本的になんでも置けます。使った分だけ各自購入してください。ただし、総額の上限があるのでマイコンボードなどの高額商品は避けたいです。 6/1更新:置き部品発注しました。リストをアップロードしたので、参考にしてください。

抵抗器やコンデンサ、ブレッドボードのほか、センサー系、表示系、無線系の部品を主に置いておきます。ほかに、ユカイ工学の Konashi も置き部品として提供いただける予定です。マイコンボードはやはり単価が高く、置けないので、Raspberry Pi などは各自購入して持ってきていただけるとうれしいです。

参加について

基本的に2泊3日の全日程をご参加いただきたいと考えています。途中から参加、途中で退場の場合は必ず主催にご相談ください。 特に、初日の夕食に間に合わない場合には、必ずご一報ください。

会費は15,000円(1部屋2名宿泊)です。途中参加、途中退場でも会費は変わりません。このほかに、当日使用する部品等の代金が必要です。

当日使用する部品は主催側でも用意しますが、足りなくなる場合を考慮して、「ハードウェア未経験で何を持っていけばいいかわからない」場合には、事前にぜひ主催にご相談ください。

主催連絡先

未踏IoT研究会 開発合宿準備班
メール: sig-iot (at) mitou (dot) org

このイベントページは、URLを知っているユーザーのみ閲覧、参加登録可能です。
以下のURLをメール等を使って皆に知らせてあげましょう。
  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザーが投稿することができます
masasan
masasan - (2016/05/14 (土) 14:07)
上田さん、こんにちは。
会場に入ってよい時間/初日の夕食の時間は何時ごろになりますでしょうか?
Masafumi Ueda
Masafumi Ueda - (2016/05/17 (火) 21:07)
タイムテーブルを更新しました。開場時間と食事の時間を追加しました。
yahagi
yahagi - (2016/05/20 (金) 23:17)
> Raspberry Pi などは各自購入して持ってきていただけるとうれしいです。
ハイ、早速買いました、Zeroを。さて届くかどうか。。。

ちなみに、当日はRaspberry Piがあるとちょっと幸せになれるものをご紹介します。(そしてその場で使える予定です。)
yahagi
yahagi - (2016/05/20 (金) 23:29)
そういえば今、Pi Zeroのpimoroni在庫が復活していたりします。
(「Raspberry Piがあるとちょっと幸せになれるもの」は普通にPi3とPi2 のB+で使えますが)
Masafumi Ueda
Masafumi Ueda - (2016/05/28 (土) 16:09)
講習で使う部品のリストを上げました。講習を受けたい方は、買って持ってきてください。
yahagi
yahagi - (2016/05/29 (日) 22:29)
AQM0802AってRaspberry Piで使うのに改造がいる部品じゃなかったでしたっけ。スイッチサイエンスではこれのRaspberry Pi向けキットはすでに販売中止になっています。
Masafumi Ueda
Masafumi Ueda - (2016/05/30 (月) 17:32)
おや?うちの Raspberry Pi 3 では問題なく動作したのでリストに入れました。一応エイドステーションに別の液晶を入れてあります。
Masafumi Ueda
Masafumi Ueda - (2016/05/30 (月) 18:02)
部品リストを更新しました。↑で矢萩さんが指摘されてる問題を回避するため、I2C表示器の参考URLを違うのにしました。すでに買ってしまわれた方には申し訳ありません。一応、会場の置き部品に他の表示器があるので、それを使っていただくこともできます。
yahagi
yahagi - (2016/05/30 (月) 22:18)
スイッチサイエンスによると「液晶モジュールの内部仕様変更により、Raspberry Piで動作しないことがあることを確認いたしました。そのため、現在一時販売を見合わせております。既に購入された方で不具合を確認された方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。」
とのことなので、うまく動く個体とそうでないのがあるようです。
yahagi
yahagi - (2016/05/30 (月) 22:50)
ところで、代替品もコントロールチップ同じ(ST7032)ようですが、こちらは問題出ないでしょうかね。。。
yahagi
yahagi - (2016/05/30 (月) 22:55)
ちなみにもう一つの方のACM1602NIはというと、
1 readするとフリーズする
2 baudrate を 50000に変更する必要がある。
と書いているブログが。。。
http://pongsuke.hatenablog.com/entry/2016/01/12/141904
Masafumi Ueda
Masafumi Ueda - (2016/05/31 (火) 08:37)
うーん、なかなか厄介ですね。今日秋葉原に寄る時間がとれそうなので、買ってきて検証します。
Masafumi Ueda
Masafumi Ueda - (2016/05/31 (火) 20:20)
昨日リストで変更した液晶ですが、こんどは実際に Raspberry Pi でうまく動かなかったので部品リストから削除しました。たびたびすみません。
I2Cの表示器は置き部品のものを使うか、ご自分で選んでみてください。
スイッチサイエンスのこれ → https://www.switch-science.com/catalog/1405/
は、Raspberry Pi でも使えると書いてありますが、上で問題になっている AQM0802A を使っています。
yahagi
yahagi - (2016/05/31 (火) 21:08)
内部プルアップと書いているので、多分同様の問題が起こるかと思います。
https://www.switch-science.com/catalog/1257/
(未検証ですが)こっちだったらMCP23017採用なのでたぶん、大丈夫なはず。

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。