ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

近年の機械学習と自然言語処理技術のバイオインフォマティクスへの応用とその展望

日時 :
2015/11/24 (火) 15:00 ~ 16:30
定員 :
30人
会場 :
理化学研究所 和光キャンパス 情報基盤棟2階 大会議室(埼玉県和光市広沢2-1)
URL :
http://bit.riken.jp/
主催者 :
ハッシュタグ :
#bitseminar

理研バイオインフォマティクスセミナーシリーズを開催します。今回は、奈良先端科学技術大学院大学の椿真史さんをお迎えし、ご講演頂きます。

内容

【タイトル】 近年の機械学習と自然言語処理技術のバイオインフォマティクスへの応用とその展望

【講師】 椿真史(奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 博士後期課程2年)

【要旨】 本セミナーではまず、機械学習を用いた自然言語処理技術について概観します。それらの技術の中でも特に近年では、表現学習や深層学習といった手法が盛んに研究されています。これらの手法は、自然言語処理だけでなくバイオインフォマティクスにおいても適用可能であり、本セミナーでは特に、タンパク質構造予測への応用についてお話します。また、その他のバイオインフォマティクス研究においても、機械学習と自然言語処理の技術がどのように役立てられるのかを、みなさんと一緒に議論したいと思います。

参加対象者

機械学習、自然言語処理、バイオインフォマティクスに関連する研究者、技術者、学生。アカデミアでも企業でも可。

atndから参加登録をお願いします。

理研外の参加者の方へ

理研外の方は、西門守衛所にて一時入構手続きを行う必要があります。 手続きの際は 行き先:情報基盤棟 露崎、目的:セミナーとしてください。 理研へのアクセス、構内地図はこちらです。

参加費

無料

連絡

理化学研究所

情報基盤センター バイオインフォマティクス研究開発ユニット

露崎弘毅 (koki.tsuyuzaki [at] gmail.com)

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザーが投稿することができます

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。