ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

AIIT起業塾 #3 ー 医療×IT ー

Default latent
日時 :
2015/11/01 (日) 13:00 ~ 19:30
定員 :
75人
会場 :
TKPガーデンシティ渋谷(〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-22-3 渋谷東口ビル)
URL :
http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/gc-shibuya/access/
主催者 :
ハッシュタグ :
#aiit_startup

 AIIT起業塾は、IT・デザイン・マネジメント等を活用し、各種の産業分野で、新しい事業構築・問題解決を話題に議論するイベントです。起業経験者、○○×IT・デザイン・マネジメントの先駆者等のゲスト講師から情報・話題を提供していただいた後、参加者の皆さんとディスカッションを行いたいと思っています。今回の#3は医療とITの融合を扱います。またすでに終わったもの、今後開催するものは以下の通りです。

産業技術大学院大学の関係者以外の御参加も歓迎いたします。勉強会だけであれば参加費無料です。是非ご参加ください。

タイムテーブル

時間 講演者 題目
13:00 – 13:10 産業技術大学院大学 オープニング
13:10 – 13:40 松本 省二 氏
=小倉記念病院 脳卒中センター センター長
講演1
脳梗塞治療の現状とIT活用
13:40 – 14:10 花田 徳康 氏
=メドコネクト株式会社 代表取締役
講演2
医療分野での3Dプリンタ活用の課題と展望
14:10 – 14:30 - 休憩
14:30 – 15:00 金子 剛章 氏
=株式会社医薬情報ネット 代表取締役
講演3
日米でのデジタルヘルスの事情及び取り組み事例
15:00 – 15:30 黒坂 望 氏
=株式会社Dr. IC 代表取締役社長
講演4
医療現場でのインフォームドコンセントの抱える問題
15:30 – 15:50 - 休憩
15:50 – 16:50 《パネラー》
松本 省二 氏=小倉記念病院
花田 徳康 氏=メドコネクト株式会社
金子 剛章 氏=株式会社医薬情報ネット
黒坂 望 氏=株式会社Dr. IC

《コーディネーター》
小山 裕司=産業技術大学院大学
パネルディスカッション
16:50 – 17:00 産業技術大学院大学 クロージング
17:30 – 19:30 希望者 懇親会

※スケジュール及び講演内容は変更されることがあります
※途中参加、途中退出も可能ですので、気軽にご参加ください。

場所

TKPガーデンシティ渋谷

講演概要

◎「脳梗塞治療の現状とIT活用」

  • 脳梗塞等の脳血管疾患は、日本人の死亡三大要因の1つであり、死因の約11%(3位)を占め、また要介護では約22%、寝たきり(要介護5)では約34%(いずれも原因の1位)で、「健康長寿社会」の実現を阻害する一大要因である。脳梗塞では、脳血管再潅流(血行再建)が1時間遅れれば、脳梗塞発症後3ヶ月の時点での生活自立率が20%下がるため、脳梗塞治療は時間との戦いである。今回は脳梗塞治療の現状と、ITを活用したTask Calc. Stroke等の問題解決の取り組みを取り上げる。
  • 松本 省二 氏=小倉記念病院 脳卒中センター センター長
    1996年 富山医科薬科大学医学部医学科卒業、九州大学病院 神経内科、飯塚病院 神経内科、国立循環器病研究センター 脳血管内科、済生会福岡総合病院 神経内科等を経て、2015年より現職。神経内科学、脳血管障害、脳血管内治療の研究に従事。

◎「医療分野での3Dプリンタ活用の課題と展望」

  • 3Dプリンタの価格下落と、また素材の種類の増加等により、日本国内でも医療分野での3Dプリンタの利活用が増加してきた。臓器立体モデルやカスタムメイドインプラント等はいずれ好影響を与えるものと期待される。今回は、国内外の活用事例の紹介、診療報酬との関連、解消すべき課題と今後の展望を取り上げる。
  • 花田 徳康 氏 =メドコネクト株式会社 代表取締役
    1996年 旭川工業高等専門学校機械工学科卒業、1996年〜2010年 富士フイルムメディカル株式会社にてデジタルX線画像診断システムの設計から市販後品質管理に従事。業務で訪問した国内の医療機関は3,000にのぼる。2013年より現職。

◎「日米でのデジタルヘルスの事情及び取り組み事例」

  • 米国でのデジタルヘルス事情、スタートアップの取り組み事例を紹介し、日本でのデジタルヘルス分野の可能性を取り上げる。特に、日本の事例では、株式会社医薬情報ネットが開発中のDr.Photo(https://dr-photo.jp/)を事例に、開発上の課題、今後の可能性を紹介する。
  • 金子 剛章 氏=株式会社医薬情報ネット 代表取締役
    インターネット広告代理店の株式会社オプトに2008年入社し、リスティング広告運用の新規事業立ち上げに従事。カリフォルニアルーセラン大学院(MBA)の留学を経て、医療用医薬品専門の企画制作代理店、株式会社医薬情報ネットに2013年入社。2014年より現職。

◎「医療現場でのインフォームドコンセントの抱える問題」

  • インフォームドコンセント(以下IC)とは、「説明と同意」のことで、患者が医師の診療を受け、自分の状態に関する「説明」を受け、納得した上で、医師が提案した医療方針に患者が「同意」することの意味である。医療の現場では、理想とされているICと、現実に行われているICとの間の乖離が発生している。現状に調査から、現状のICの抱える問題を明らかにし、この問題を解決するための我々の取り組みを報告する。
  • 黒坂 望 氏=株式会社Dr. IC 代表取締役社長
    横浜市立大学医学部博士課程修了。横浜市立大学付属病院で整形外科医として勤務した後、オーストラリアにリウマチの勉強のために留学。帰国後、一般病院で整形外科部長、副院長を務め、病院の経営改善に携わる。現在、新百合ケ丘総合病院整形外科、クリニック等で外来診療・手術を行っている。2014年オーストラリアBOND大学経営学修士(MBA)を取得し、株式会社Dr. ICを起業。

◎パネルディスカッション

  • 小山 裕司 =産業技術大学院大学 産業技術研究科 情報アーキテクチャ専攻 教授
    1998年 東京都立科学技術大学工学研究科 工学システム専攻 博士課程 単位取得満期退学、国際大学GLOCOM、実践女子大学 人間社会学部等を経て、2008年より現職。システムソフトウェア、情報アーキテクチャの研究に従事。

懇親会(17:30〜19:30)

勉強会の参加費は無料ですが、懇親会(希望者のみ)の参加費は2,000円です。


 産業技術大学院大学「次世代成長産業分野での事業開発・事業改革のための高度人材養成プログラム」事業は、文部科学省 平成26-27年度「高度人材養成のための社会人学び直し大学院プログラム」で採択されました。AIIT起業塾は当事業の関連イベントです。

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザーが投稿することができます

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。