ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

【#TechBuzz】5/22 第31回代々木Unity勉強会【テーマ:空間インターフェースの作り方 - UnityとBLEデバイスをつないでみるとか/Unity記事をQiitaに作成し、タグストック数1位になる方法/Unity 5のAssetBundleについてまとめてみた】

Default latent
日時 :
2015/05/22 (金) 19:30 ~ 22:00
定員 :
40人
会場 :
代々木TechBuzzSpace(JECビル 5F)(東京都渋谷区代々木1-27-16 JECビル 5F)
URL :
http://www.socialtoprunners.jp/
主催グループ :
Atnd latent 【#TechBuzz】Unity勉強会
主催者 :
ハッシュタグ :
#techbuzz

5/22 発表タイトル: 空間インターフェースの作り方 – UnityとBLEデバイスをつないでみるとか/Unity記事をQiitaに作成し、タグストック数1位になる方法/Unity 5のAssetBundleについてまとめてみた

開催予定・実績・資料リンクなど

イベントでのご発表をご希望の方は、こちらからお申し込みください!

true

【TechBuzz】の取り組み
【TechBuzz】開催予定まとめ
★★★イベントでのご発表をご希望の方は、こちらからお申し込みください!★★★

※参加規約はこちら
※主催者からの連絡メールを受信するために、メール登録をお願いします
※営業や採用目的の方は参加できません!(受付時に確認致します)

■タイムテーブル

時間 発表者 発表内容
19:00- 受付
19:40- 本田裕幸さま Unity記事をQiitaに作成し、タグストック数1位になる方法
20:00- HAL(ハル)さま 空間インターフェースの作り方 – UnityとBLEデバイスをつないでみるとか
20:25- キッズスター もんりぃさま Unity 5のAssetBundleについてまとめてみた
20:55- ネットワーキングタイム 積極的に名刺交換しましょう

【発表者】

・本田裕幸さま
札幌市在住。非営利活動法人職員を経て、2014年から病院系のシステム開発に従事。
WebRTCを利用したアプリケーションや、PHPを用いたサーバーサイドの開発を行う。
2015年よりフリー。1983年生まれ。飼い猫の名前はムーちゃん。

発表テーマ: Unity記事をQiitaに作成し、タグストック数1位になる方法
本セッションでは、発表者がQiitaにUnityの記事を作成し、
タグストック数が1位になってみて分かった事や、
記事を投稿する際に気をつけた箇所等について解説します。
また、Qiitaというコンテンツフォーマットにおけるストック(favorite)の多い
記事(コンテンツ)についても一緒に考えたいと思います。

・HAL(ハル)さま
Happy Artifact Lab主催者兼CSO(Chief Shibainu Officer) 。フリーター兼エンジニアの助手を通じて、世界征服を密かに目論む。
・HAL(ハル)さまの助手
アラフィフなのにフリーターなエンジニア。生きてくだけで精一杯なくせに、増えるのはお金にならない活動ばかり。
デジタルハリウッド メディアサイエンス研究所 研究員。研究テーマは「現実世界に情報を上書きする事(ABC)」、その技術がまさか世界征服に利用されようとは。合掌。

発表テーマ:空間インターフェースの作り方 – UnityとBLEデバイスをつないでみるとか
いわゆるNUI(Natural User Interface)が大流行。キネクトとかLeapMotionとかをUnityでつないで、その操作性にイライラした経験のある方も多いでしょう。そこで!使って楽しくなるような空間インターフェースを試作してみたので、ご紹介させていただきます。

・株式会社キッズスター もんりぃさま

大学中退後、都内ITベンチャーを経て、2012年に株式会社アイフリークに入社。2013年04月に同社の会社分割により株式会社キッズスターに転籍し、開発チームリーダーとしてアプリ開発・サーバサイド開発・サーバ運用などを手がける。1984年生まれ。

発表テーマ:Unity 5のAssetBundleについてまとめてみた

■参加対象者

・Unityエンジニアの方
・Unity開発に興味がある・仕事としてやってみたい開発者の方
・これからUntiy/iOS/Androidアプリ開発を始めようと思っている開発者の方

■場所

・Tech Buzz Space(代々木駅西口改札徒歩60秒です!)
アクセス地図はこちら!

■持参していただくもの

●会場費 500円
●名刺(1枚)
※参加費無償ですが、会場費として500円いただいております。おつりの用意はございません。予めご了承ください
※領収書の発行はできません
※"TechBuzzステッカー"を貼っていただいている常連さんは名刺なしでOKです

■クリエイター・エンジニアの皆さん、転職希望の方へ

TechBuzzを運営するHatchUpでは、Web・スマート・IoT関連のクリエイター・エンジニアの皆さんの転職サポートをおこなっております。
特徴は、(1)企画開発運用現場のリーダー、責任者、担当役員クラスのアサインメントの実績、(2)チーム移籍やチームビルド、プロジェクト立ち上げの実績となっています。
少し先の転職を想定されている方も含め、個別相談ご希望の方は
こちらからお申し込みください。
お仕事終わり・平日夜や、土日の個別相談も受け付けています。

■主催運営:【ソーシャルスマートコミュニティ】HatchUp

【イベント会場無償貸出し】

■弊社主催または、会場貸出し中イベント一覧

【5/19】第8回 Unityハンズオン勉強会
【5/20】第13回 HTML5+JS 勉強会
【5/21】第12回cocos2d-x勉強会
【5/22】第31回代々木Unity勉強会
【5/25】第8回Swift勉強会
【5/28】第7回ノンゲーム系アプリ勉強会
【5/29】第12回 アプリマーケティング勉強会
【6/16】第9回 Unityハンズオン勉強会
【6/17】第14回 HTML5+JS 勉強会
【6/18】第13回cocos2d-x勉強会
【6/23】第32回代々木Unity勉強会
【7/17】第2回 モバイル・コンシューマ「開発比較」勉強会
【7/22】第9回Swift勉強会
【7/23】第8回ノンゲーム系アプリ勉強会
【7/28】第13回 アプリマーケティング勉強会
【7/29】第33回代々木Unity勉強会
【7/30】第15回 HTML5+JS 勉強会

■ネット環境について

当日のネット環境ですが、状況が不安定なため、場合によってはご提供できない可能性もあります。必要が有る方は、ご自身の通信環境をご用意ください。ということで、通信環境はあくまでベストエフォート(状況次第)となりますが、以下のwifiをご利用ください

id:pr500k-85430b-1
pass:0c7321f59c4db

id:pr500k-85430b-3
pass:f0866853567b1

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザーが投稿することができます

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。