ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

SSDP#4 関連企画|アフターアフター・ダンストーク@神戸 with 乗越たかお氏。

Default latent
日時 :
2015/03/29 (日) 14:00 ~ 19:30
定員 :
30人
参加費 :
2,000円
会場 :
兵庫県立美術館より徒歩5分。当日、ご案内いたします。
URL :
https://www.facebook.com/events/1610718172497501/
主催者 :
住所が入力されていません

Site Specific Dance Performance #4 関連企画
まだまだダンスを話したい!人のための

アフターアフター・ダンストーク@神戸
with 乗越たかお氏。


★★★ 緊急開催!兵庫県立美術館でのパフォーマンス終演後、評論家の乗越たかお氏・出演者を囲んで、今回の公演やダンス全般について、より深くお話する「アフターアフタートーク」を開催!定員30名・先着順・3/27〆切です。ご予約は、お早目に!

【日時】 2015年3月29日(日) 17:30~19:30
【会場】 兵庫県立美術館から徒歩5分の某所。当日、ご案内いたします。
【会費】 ¥2000 ※軽食・1ドリンク込み。当日お支払いください。
【定員】 30名。先着順。3/27(金)17:00〆切。
【予約・お問い合わせ】 n-seki@pegasus.kobe-u.ac.jp (関)
➢ 上記宛に「お名前・お電話番号・人数」をお知らせください。
➢ または、ページ右上のボタンから、エントリーをどうぞ。

※ 必ず事前のご予約をお願いいたします。3/27(金)17:00〆切。
※「アフターアフタートーク」のみへの参加は、ご遠慮いただいております。
※ よりよくお楽しみいただくため、必ず、14:00~公演をご観覧ください。

公演概要

【公演】 Site Specific Dance Performance #4
【日程】 2015年3月29日(日) 14:00開演
     ※ 無料公演。雨天決行。アフタートークあり。
     ※ 二部構成で、会場を移しての上演。終演は16:00過ぎの予定。
【会場】 兵庫県立美術館 円形劇場およびミュージアムホール
【出演】 冨士山アネット 今津雅晴 長谷川寧 サイトウマコト 関典子 岡元ひかる 
     原大介 (ギター) 乗越たかお (トーク)

【企画・監修】 関典子 (舞踊家/神戸大学准教授)

―――【Site Specific Dance Performance】シリーズは、2009年・2011年・2013年の過去3回、神戸ビエンナーレ関連企画として、総合監修:関典子のもと、開催いたしました。今回は、元・具体美術家協会のアーティスト向井修二氏による記号アートで埋め尽くされた屋外円形劇場と館内ミュージアムホールを舞台に、多彩なゲストによるダンス&トークをご披露いたします。安藤忠雄建築を活かし、異化する【Site Specific Dance Performance】第4弾。観覧無料、出演者募集もございます。春先の兵庫県立美術館にて、お待ちしております!

兵庫県立美術館 web
詳細 Facebook イベントページ

関連情報

パフォーマンス・トークの前後には、同日開催の美術展も、あわせてお楽しみください!美術館にはカフェやショップなどもございます。
【日本スイス国交樹立150周年記念フェルディナント・ホドラー展】
【ガウディ×井上雄彦―シンクロする創造の源泉―】


★★★ ダンスというアートを、様々な次元でお楽しみいただける本企画。春先の美術館にて、皆様のご観覧・ご参加、心よりお待ちしております!

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザーが投稿することができます
n-seki-1
n-seki-1 - (2015/03/19 (木) 15:38)
◆推薦コメント◆(乗越たかお/作家・ヤサぐれ舞踊評論家)

様々な場所の特徴を活かしたサイト・スペシフィックなパフォーマンスはワクワクするものだ。しかも今回は美術家の向井修二氏による記号アートで埋め尽くされた兵庫県立美術館の円形劇場と館内ホールを舞台に、様々なダンスが繰り広げられるという魅力的な企画。まずは効果的に演劇的な手法を使う長谷川寧が2作品に登場。自らのカンパニー「冨士山アネット」による実験的な作品と、世界的ダンサー今津雅晴振付によるデュオ作品だ。
n-seki-1
n-seki-1 - (2015/03/19 (木) 15:38)
続いて高い技術と強烈な世界観を誇る関典子は、サイトウマコトとのデュオと、ソロを披露する。他にも若手で活躍する岡元ひかるや原大介のギター演奏など、様々な個性が揃った。さらには世界のダンスをめぐるヤサぐれ舞踊評論家(オレだ!)と出演者による血湧き肉躍るアフタートークもある。ダンスというアートを、様々な次元で味わえる場となりそうだ。

(乗越たかお/作家・ヤサぐれ舞踊評論家)

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。