ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

OculusRift+UnityでVR開発一日体験

コンセプト

各参加者がUnityで好きなものを作って、OculusRiftで体験しましょう、というイベントです。
純粋に新しいテクノロジーを楽しむための開発一日体験型ハッカソンです。

参考: さらば現実!VRヘッドセット『オキュラスリフト(Oculus Rift)』がすごそう

当日の進行(目安)

11:00 開場 → ニフティ社員からの会場利用についての説明 デモ体験
12:00くらい 開発スタート
13:00くらい ランチ休憩
14:00くらい ひたすら開発・テスト・バグ改修
19:00 ビール片手に成果発表会
20:00 撤収

持ち物・遅刻連絡
名刺2枚(ニフティでの参加者管理に必要なため)

  • 開発用PCと発表会のときのアルコール類などは各自持参でお願いします
  • 遅刻連絡は @dada_15 にメンションを送ってください

事前課題

  1. Unityのインストール・チュートリアル
    • ドットインストールの 『Unity入門』 を視聴する
    • 自分のPCへのインストールが完了していること
    • チュートリアルのゲームで遊べる状態になっていること
  2. Oculus関連パッケージのインストール
    • 公式サイトのDownloadページ から以下のパッケージをダウンロード → 解凍 → インストールする
    • Oculus SDK for “自分のPCのOS”
    • Oculus Runtime for “自分のPCのOS”
    • Unity 4 Integration
  3. Unity+Oculusの連携
    1. Unityのプロジェクトを開いた状態でImport → OculusUnityIntegration.unitypackage
    2. Asseets>OVR>Prefabs>OVRCameraRigを、Hierarchy上にあるMainCameraと同じ場所に置く
    3. CameraRig>EyeAnchorについて、MainCameraに準ずる形で座標等を設定する
    4. Hierarchy上のMainCameraを削除する(※バックアップを取っておきたい場合はAssetsに移してから削除)
    5. この状態で実行して、画面が左右二分割されていることを確認する(※パフォーマンスに注意)

Unityについてさらに勉強したい方は、 「ゲーム開発初心者のためのUnity入門」 を読んだり、 「Unityアセットストア」のチュートリアル を見てみると参考になるはずです。

■集合場所:
 〒169-8333 東京都新宿区北新宿2-21-1
 新宿フロントタワー 1F ナチュラルローソン前
 ・会場詳細地図
https://sites.google.com/site/qpportal/conference-room/nifuti-zhu-shi-hui-she-seminarumu
(qpstudy さんに感謝!)

■集合時間:
 10:45, 10:55 に集合場所にスタッフが迎えに行きます。
 時間厳守でお願いします。
 ※施錠されているため、遅刻した場合、ニフティさんスタッフに迎えにいってもらう必要があるため

■当日、遅れた場合は@dada_15、@nifty_engineer 宛に到着時刻をご指定下さい。
 当日、指定時間に ニフティさんスタッフに迎えに行っていただきます。Tweet し
5分経過しても迎えがない場合は、気づけていない可能性があるため、 上記再度 Tweet をお願いします。

※飲食物の持込可能です。
※電源の数が限られているため、延長ケーブルの持ち込みを推奨します。
 (また、Macのアダブターだと直接電源が入らないので必要です)

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザが投稿することができます

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。