ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

第2回 多重化クリエイソン - Multiplex Creathon #2

「Unityで多重化、これはいける」

Default latent

多重化クリエイソンとは

このたび、神奈川工科大学 情報メディア学科 白井研究室「ExPixel」研究グループは
以下の日程で多重化不可視映像のワークショップ
「多重化クリエイソン」を開催することを決定しました。

「多重化クリエイソン」は(多重化技術+クリエイト+マラソン)の造語です。
最近流行のハッカソンイベントやアイデアソンイベントの上位概念です。
プログラミングやアイディアだけでなく、アートワークや本質的なクリエイティブを持ち寄り、短期間に多重化技術の研究および研究成果について、実のある共有,交流,展開を刺激し、技術的な問題点・課題の洗い出しを実現することを目的とするものです。
つまり技術の可能性や表現のお試しを、実際に作ってみることで研究のデータにするワークショップイベントです。
今回は第2回としてUnity用の多重化プラグインを用いたワークショップになります。

Unity初心者を対象としていますので、当日最新版のUnityをインストールしたPCを持ってきて頂けることが条件です。1度もUnityを起動したことがなくても問題ありません!

第2回 「Unityで多重化、これはいける」

事前準備
事前準備としてUnityをダウンロードしていただく必要がございます。
以下から最新版のUnityをダウンロードしてください。
http://japan.unity3d.com/unity/download/

日程 11月28日(金)
  <クローズド参加>
  Unityによるインタラクティブな多重化グラフィックスアプリの開発に挑戦。秘伝の ExPixel Shader を公開します。今回は神奈川工科大学の学生と富士通SSLの社員を対象にUnityの初歩から多重化コンテンツの開発までを伝授いたします。

 12:45 集合
 13:00 挨拶/本日の流れ
    Unityのハンズオン勉強会
     ┗Unityエディタの基本操作から実行ファイルのビルドまで
     ┗ExPixel for Unityの説明/基本操作/ビルド
     ┗動画とゲームの多重化とAssetStoreの使い方
 15:00 クリエイソン(各自自前のコンテンツや,AssetStoreからダウンロードしたコンテンツを多重化してみましょう!!)
 16:30 発表会(自分が試した多重化で最も面白いと思ったもの1つ。1人2~3分)
 17:00 完全撤収

第2回の会場

Innovation Lab (富士通SSL)
所在地:〒211-0063 川崎市中原区小杉町 1-403 武蔵小杉タワープレイス 23F
    株式会社 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
交通:JR南武線・JR横須賀線・東急東横線 「武蔵小杉」駅北口より徒歩5分
http://www.ssl.fujitsu.com/facilities/
第1回の多重化クリエイソンでも使用した会場です
第1回クリエイソン動画
事後インタビュー動画

現状・参加するには?

第2回の参加方式はクローズドベータ+見学自由とし,
(1) 神奈川工科大学の学生か富士通SSLの社員,
(2) Unityハンズオン(Unityエディタの見かた/使い方からC#スクリプトによるプログラミングまで)
(3) 個人でゲーム制作/アセット収集
(4) 運営側が用意した機材で多重化コンテンツ化
(5) 発表会
(6) 懇親会
という流れを検討しております.
Ustream等の中継も行いたいと思います.

・見学者
・選手
・その他のご協力(協賛,講演,告知,機材提供,懇親会参加等)

ご参加登録お待ちしております.

【注意・謝辞】

・本イベントで使用するUnity用ExPixelプラグインは神奈川工科大学白井研究室により開発が進められています.今後アセットストアのリストに並べる予定ですので,意見を頂けたら幸いです.
・本イベントで生み出されたクリエイションの著作権は発案者および参加グループに帰属しますが,本プロジェクトにおいて,非営利・営利を問わず紹介させていただく可能性があります.
・本イベントで生み出された実行ファイルを実行するのに必要なファイルはお持ち帰りいただけますが,コンバータソフトウェア等は持ち出しいただけません.
・当日の様子はUstream等で配信され,Web等で記録写真を発信します.ご所属や本名を隠ぺいする必要がある場合は,あらかじめ措置をご提案ください.
・本イベントは JSPS科研費25330440 「多重化隠蔽映像技術による新たな情報共有空間の創出のための映像制作手法の確立」の助成を受け,実施いたしております.

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザが投稿することができます

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。