ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

オープンソースBI 勉強会 #8

Default latent
日時 :
2014/07/29 (火) 19:00 ~ 21:00
定員 :
30人
会場 :
フューチャーアーキテクト株式会社(東京都品川区大崎1-2-2 アートヴィレッジ大崎セントラルタワー)
URL :
http://groups.google.com/d/forum/pentaho-user-jp-ml
主催者 :
ハッシュタグ :
#pentaho_jp

オープンソースBI 勉強会 #8

勉強会の中でのやり取りにTwitterを活用していきますので、よろしければ事前にTwitterへの登録をお願いします。

タイムテーブル

時間 内容 担当
19:00 – 19:10 自己紹介 & セキココ登録 みなさま
19:10 – 19:50 Pentaho定型レポートについて @teruu
19:50 – 20:00 休憩
20:00-20:30 EXCELフロントで書き込みもできるオープンソースBI(MOLAP)
Jedoxの紹介
@hisashinakayama
20:30-21:00 PentahoCE5.1 on Aamazon AWS @hisashinakayama

今後のテーマ

月1回の開催を目指しております。Pentahoを中心に、その周辺を扱っていきたいと考えています。

・Pentaho
PDI / OLAP / Reporting / ダッシュボード / データマイニング

・サードパーティー製品
saiku / Pivot4J

・デザインツール
スキーマワークベンチ、アグリゲーションデザイナ、メタデータエディタ

・その他の製品
QlikView / Tableau など

・BI / DWH
ROLAP、MOLAP、キューブ設計、MDX、スタースキーマ、SCD、CDC、サロゲートキー

・カラム指向DB
HP Vertica / Amazon Redshift

・NoSQL DB
MongoDB / Hadoop Hive

・インメモリDB

・データ可視化
CTools / D3 / Highcharts / GIS系

・データ分析手法、Rの活用

・オープンデータの活用

・Pentaho オープンソース・コミュニティの活用

・関連書籍

・開発手法、プロトタイピング、ドキュメント

・プログラミング言語
Java / JavaScript / ShellScript / Perl / Python

・開発ツール、SQLエディタ、XMLエディタ、ユーティリティ、バージョン管理、バグトラッキング

・テスト手法、自動化手法

・MDM(マスターデータマネジメント)

・ハードウェア
フラッシュストレージの活用

・運用
Apache / Tomcat / クラウド(AWS)

・スケジューリング、バッチ実行

・ポータルサイト、CMSとの統合
Liferay、Alfresco

・学習メディアの活用
ドットインストール / Slideshare / YouTube

・プロフィットセンター/コストセンターの考え方

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザーが投稿することができます

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。