ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

Away3D勉強会

HTML5とJavaScriptではじめる3D表現

日時 :
2014/07/25 (金) 19:00 ~ 21:00
定員 :
72人
会場 :
GAT(東京都中央区銀座6-12-13)
URL :
http://gat.ac/access/
主催者 :
ハッシュタグ :
#Away3D_jp

HTML5とJavaScriptではじめる3D表現

Away3D はオープンソースのリアルタイム3Dエンジンです。もともとはFlashプラットフォーム向けに開発されました。そのAway3Dエンジンが、「 Away3D TypeScript 」としてJavaScriptライブラリへの移植が進んでおり、現在アルファリリースが公開されています。

いよいよHTML5とJavaScriptを使って、本格的に3次元表現ができるようになります。この勉強会では、Away3Dを使ってどのようにJavaScriptのコーディングを行うのか。さらに、実際に3次元表現を用いたブラウザコンテンツやその可能性について解説します。

タイムテーブル

時間 発表者 タイトル
18:30- 開場
19:00 – 19:05 (5分) ごあいさつ
19:05 – 19:50 (45分) 野中 文雄 Away3D TypeScriptで立方体を回してみる
19:50-20:00 (10分) 小憩
20:00 – 20:45 (45分) 池田 泰延 WebGLを活用したブラウザにおける3D表現
20:45 – 20:55 (10分) 質疑応答

内容

Away3D TypeScriptで立方体を回してみる

野中 文雄
Flashプラットフォームで定評のあるAway3Dが、JavaScriptライブラリとして具体的にどのようなコーディングをするのか。3次元空間に立方体を描き、それを回してみるサンプルでご説明します。今のところアルファリリースということもあり、仕様がまだ細かく変わってきています。今回は、最新の2014年6月24日付ビルドにもとづく解説です。

WebGLを活用したブラウザにおける3D表現

池田 泰延
IE11をはじめ各種PCブラウザでWebGLが対応したことで、商用案件でもWebGLが利用できる土台が整ってきました。3DライブラリのAway3Dを利用すると、表現の幅が広く品質の高い3Dコンテンツの制作が可能です。今回のセッションではAway3Dを利用したブラウザコンテンツの3D表現の可能性やワークフローを説明します。また類似のThree.jsと比較してのAway3Dの利点も紹介します。

イベント情報

受講料 無料
会場 GAT ( 地図 / Googleストリートビュー )
東京都中央区銀座6-12-13 大東銀座ビル1F
アクセス http://gat.ac/access/
主催 野中 文雄
協賛 株式会社 ICS
中継 USTREAMの配信を準備しています(予定)
会場協力 ロクナナワークショップ (株式会社ロクナナ)

補足

  • 関連Facebookページ
    • ICS INC.
      ICSはインタラクティブコンテンツのプロダクションです。HTML5やFlashに関する技術情報をこちらのFacebookページにてお届けします。
    • Away3D
      Away3DはActionScript 3.0の3次元フレームワークとして開発され、JavaScriptへの移植も進んでいます。Away3Dの技術解説やサンプルコードなど、日本語の情報を中心にお知らせします。
  • 人気イベントのため直前・無断の欠席は控えていただくようお願い致します。やむを得ず欠席される場合はお早目にキャンセルをお願いします。
  • リクルーティング目的の方は入場をお断りする場合があります。

まとめ

Away3Dでつくる3DのHTML5コンテンツ

勉強会のUSTREAM録画のほか、Away3Dを学ぶための入門的な解説を、リンクでまとめました。

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザーが投稿することができます
FumioNonaka
FumioNonaka - (2014/07/25 (金) 12:28)
主催の野中です。nekomeさんがATNDの不具合でキャンセル登録できないそうですので、替わりに定員を1名増やしました。
FumioNonaka
FumioNonaka - (2014/07/25 (金) 13:14)
n-kawai_さんからやはりキャンセル登録できない旨ご連絡がありましたので、定員を1名増やします。

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。