ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

「The Data Journalism Handbook」翻訳&勉強の会

翻訳しながらデータ・ジャーナリズムを学びます

Default latent
日時 :
2014/06/21 (土) 09:45 ~ 18:00
定員 :
25人
会場 :
国際大学GLOCOM ホール(〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階)
URL :
http://www.glocom.ac.jp/access/
主催者 :

イベントの概要

データ・ジャーナリズムに関わるヨーロッパのジャーナリスト達が執筆した 「The Data Journalism Handbook」 。データ・ジャーナリズムの事例紹介や、データ収集、プレゼンテーションの手法など、実践的なガイドブックになっています。
この勉強会は、The Data Journalism Handbookに興味を持った人があつまり、共同で日本語への翻訳作業を行うものです。データ・ジャーナリズムについての講演、ライトニングトークなども予定しています。

途中まで翻訳済みのものはこちら: Data Journalism Handbook日本語翻訳プロジェクトWiki

参加に当たっての注意事項

本イベントは、参加者が共同で英語のガイドブックの日本語翻訳を行うものです。翻訳作業にご協力頂けるかたの参加をお願いします。下訳のみ、チェック作業のみなどの参加も可能ですので、英語翻訳のレベルは問いません!

[6/16 10:34追記] 翻訳の成果は、元の文書のライセンスに基づき、再利用可能なテキストとして公開されます。

翻訳テキスト

翻訳作業は翻訳作業サービスTransifex上で行います。作業をされる方は、アカウントを作成してください。Data Journalism Handbook日本語版のプロジェクトはこちらです。
Transifex – The Data Journalism Handbook

参加費

参加費は無料です。

タイムテーブル

時間 内容
9:45 〜 10:00 受付
10:00 〜 10:30 渡辺智暁さん講演「CCライセンス、オープンデータについて(仮)」(国際大学GLOCOM主任研究員・コモンスフィア理事)
10:30 〜 10:45 翻訳の進め方、表記ルール説明&担当決め
10:45 〜 12:30 翻訳作業
12:30 〜 13:30 ランチ休憩
13:30 〜 14:00 講演: 伊藤大地(ハフィントンポスト)・立薗理彦(ポリタス)
14:00 〜 17:00 翻訳作業
17:00 〜 17:30 データのとりまとめなど
18:00 〜 ライトニングトーク・親睦会

オンラインでの参加について

Ustreamで会場の様子を放送します。
http://www.ustream.tv/channel/kskktk

ライトニングトークについて

事例紹介、ツールの紹介などデータジャーナリズムに関することなら何でも。一人5〜10分程度を予定しています。ライトニングトーク登壇を希望する方は、参加申込時のアンケートに概要を記入してください。

親睦会について

イベント終了後、親睦会を予定しています。
詳細は、追ってご案内します。
※別途参加費が必要です。

場所

国際大学GLOCOM ホール
〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザーが投稿することができます
Kamesh
Kamesh - (2016/01/20 (水) 19:09)
Data journalism is a journalism specialty reflecting the increased role that numerical data is used in the production and distribution of information in the digital era.

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。