ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

【中止】ジャーナリスト菅谷明子さん来日「アメリカジャーナリズム最新報告」 主催:法政大学社会学研究科メディアコース

Default latent
日時 :
2014/06/26 (木) 18:30 ~ 20:30
定員 :
45人
会場 :
法政大学富士見坂校舎 4階 F407(東京都千代田区富士見2-17-1)
主催者 :

重要なお知らせ
・イベントは急遽中止となりました。申し込み頂き、会場までお越しいただいた皆様にはご迷惑をおかけしました。申し訳ありませんでした。

法政大学社会学研究科メディアコース「社会を変えるメディアを創造する」シリーズvol.1として、『未来をつくる図書館』『メディア・リテラシー』の著者で、ハーバード大学ニーマン・ジャーナリズム財団役員を務めるジャーナリストの菅谷明子さんの講演を行います。
執筆中の『ジャーナリズム・イノベーション』の取材を通して見えて来た、アメリカのジャーナリズムの最新動向を報告して頂きます。ミニワークショップでは、参加者も一緒になり、未来のジャーナリズムについて考えます。

タイムテーブル

時間 タイトル 登壇者など
18:00 – 18:30 受付
18:30 – 18:40 挨拶 藤代裕之(ジャーナリスト/法政大学メディア社会学科准教授/日本ジャーナリスト教育センター代表理事)
18:40 – 20:00 講演・質疑 菅谷明子さん(在米ジャーナリスト/ハーバード大学ニーマン・ジャーナリズム財団役員)
20:00 – 20:30 ミニワークショップ 参加者同士が未来のジャーナリズムについて考えるミニワークショップを予定しています。

菅谷明子さんプロフィール

在米ジャーナリスト、ハーバード大学ニーマン・ジャーナリズム財団役員
専門は、ネット時代の知や学び、情報社会におけるパブリック。「個人が持つ力を最大限引き出し、それ を繋ぐことによって社会を潤す」ことに関心。
米ニュース雑誌「Newsweek」日本版スタッフ、経済産業研究所(RIETI)・政治経済社会システムクラスター研究員などを経て独立。2011-12年、ハーバード大学ニーマンフェローとして、ソーシャルメディア時代のジャーナリズムについて研究。14年から同役員。また、各地の大学で非常勤講師を務めた他、大人から子供まで幅広い対象に向けた、講演やワークショップなども行う。ニューヨーク・コロンビア大学大学院修士課程修了、東京大学博士課程満期退学。現在、ボストン在住、在北米通算約15年。

ツイッター:https://twitter.com/AkikoSugaya
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/akikojournal

主催:法政大学社会学研究科メディアコース

2013年度から社会人向けに市ヶ谷キャンパスで平日夜・土曜に開講しています。「メディアで社会を変える人材養成」をコースの方向性として、新たなプログラムを導入して行く予定です。
http://www.hosei.ac.jp/gs/kenkyuka/shakai/shakai_senko/index.html

プレイベントとして米良はるか(READYFOR?代表)さん、伊藤儀雄(Yahoo!JAPANニュース編集部リーダー)さん、大泉大介(河北新報デジタル編集部記者)さんを招いて、1月には『vol0.情報発信を支援する』を行いました。
http://atnd.org/events/46742

藤代裕之:ジャーナリスト。広島大学卒。徳島新聞社で記者として、司法・警察、地方自治などを取材。NTTレゾナントで新サービス立ち上げや研究開発支援担当を経て、法政大学社会学部准教授。関西大学総合情報学部特任教授。日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)代表運営委員。著書『発信力の鍛え方』など。メディアコースではアントレプレナージャーナリズムを担当。
ツイッター:https://twitter.com/fujisiro
ブログ:http://gatonews.hatenablog.com/

協力:日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)

http://jcej.info/

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザーが投稿することができます

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。