ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

 Ruby 言語を利用したiPhoneアプリケーション作成方法の紹介

- RubyMotionを使った開発方法を覗いてみませんか? -

日本OSS推進フォーラム主催 第3回アプリケーション部会勉強会

Ruby 言語を利用したiPhoneアプリケーション作成方法の紹介
- RubyMotionを使った開発方法を覗いてみませんか? -

1.この勉強会について

OSSをITに活用したい技術者および技術者を目指す総ての人々を対象とした、技術力向上を目的とした技術セミナです。
今回は、iOSアプリケーションをRubyで開発することができることで有名なRubyMotionについて、最新情報とデモを交えてご紹介します。
RubyMotionは、2012年5月に発表された開発ツールですが、有償ランセンスが必要なことや、Titanium Mobileなど他ツールなどとの違いが分かりにくいことからその使い勝手やメリット・デメリットが分かりにくいのが現状です。RubyMotionを使ったiOSアプリケーション開発という観点から、XCodeや他ツールなどと比較したときのメリットとデメリットを紹介します。

2.講師について

海老沢 聡氏(株式会社イグニス所属、RubyMotionJPメンバ)

3.タイムテーブル

時間 発表者 タイトル
18:15        開場
18:30        開会
18:35 – 19:20 海老沢 聡氏 RubyMotion について(講演、Q/A)
19:20 – 19:25   休憩
19:25 – 20:10 海老沢 聡氏 RubyMotion を使った開発の実践(講演、Q/A)
20:10        閉会
20:30        閉場

4.開催場所

21cafe
東京都渋谷区道玄坂1-14-6 ヒューマックス渋谷ビル3F(http://www.ni-ichicafe.com/)

5.講演概要

講演1:「RubyMotion について」ついて

  • RubyMotionとはどういったものか(歴史・特徴)を説明しつつ、他のiOS開発ツールとの比較や、ライセンス体系の説明、そして適用事例等を説明します。

講演2:「RubyMotion を使った開発の実践」について

  • デモを交えRubyMotionによる開発方法を説明します。またRubyGems等ライブラリの使用方法や、作成物のデバッグ方法等に関しても説明します。

6.備考: 懇親会

  • 勉強会終了後、懇親会(会費5千円、20:30~)の開催を予定しております。
    参加を希望される方は、参加表明の際「懇親会参加希望」とお書き添えください。
  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザーが投稿することができます

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。