ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

伝熱の基礎とヒートパイプ・ヒートシンクを活用した放熱冷却技術

~CPU冷却、LED照明、EVインバータ冷却などへのサーマルソリューション~

日時 :
2014/06/19 (木) 12:30 ~ 16:30
定員 :
20人
会場 :
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 会議室 (東京都江東区亀戸2-19-1 )
URL :
https://www.rdsc.co.jp/seminar/140628
主催者 :

趣旨
LED照明器具、サーバー等のCPU、EVに使われるインバータなどの高性能、高出力化に伴い、放熱冷却の方法が大きな課題となってきています。伝熱の基礎を理解した上で、サーマルソリューションの道具として、ヒートパイプやヒートシンク、ペルチェモジュールについて学び、適切に使いこなして行くことが望まれます。
 本セミナーでは放熱・冷却に関係する伝熱の基礎的項目を再確認していただき、ヒートシンク、ヒートパイプやペルチェの基本的な特性と熱設計における考え方を豊富な実例を紹介しながら解説します。冷却方法に悩んでおられる方やこれから取り組もうとされる方、またこれらの冷却デバイス応用に興味のある方を対象としています。

プログラム

1.各種伝熱現象と放熱冷却技術
 1.1増大するサーマルソリューションへの要求
 1.2伝熱の基礎
 1.3サーマルソリューションの実施例(車、LED等)

2.ヒートパイプ
 2.1ヒートパイプの特徴と概要
 2.2作動原理と種類
 2.3熱輸送量とその限界
 2.5各種応用例

3.ヒートシンク
 3.1ヒートシンクの性能と評価方法
 3.2いろいろなヒートシンクの種類と特徴
 3.3ヒートシンクの選び方、注意点

4.ペルチェ
 4.1ペルチェモジュールの構造と特徴
 4.2ペルチェモジュール設計
 4.3拡がる各種応用例

5.今後の放熱冷却技術動向
5.1技術動向と今後の展開

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザーが投稿することができます

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。