ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

Yeoman vs Sencha Cmd - HTML5時代の統合開発ツール - SenchaUG 勉強会 第19回@大阪

Default latent
日時 :
2014/04/18 (金) 19:00 ~ 21:00
定員 :
65人
会場 :
メビック扇町 交流スペース3(大阪市北区扇町2-1-7 関テレ扇町スクエア3F)
URL :
http://www.meetup.com/Japan-Sencha-User-Group/events/169450372/
主催者 :
ハッシュタグ :
#senchaug

HTML5での開発では以前のHTMLにくらべCSS/JavaScriptのコーティング量が格段に多くなっています。我々システムエンジニアは何をすれば良いのでしょうか?どうすれば効率良く開発でき、品質の高いアプリケーションが作れるのでしょうか。その答えをこのセミナーで見つけ出したいと思います。

多くの処理をブラウザで行うSingle-page Applicaionでは、コーティングのサポートするためにaltJSやCSS Preprocessorを利用します。またコーティングチェックのためにjslint/csslintを利用する、単体テストを行うためにQUnit/Jasminなど様々なタスクを使いこなす必要があります。これらのタスクを効率よく行うためには何かしらのツールを用いる必要があります。
現在では、新しいプロジェクトを始めるときのスキャッフォルディングから、製品を出荷するときのビルド作業に至るまで、タスクを自動化する統合開発ツールが登場しています。OSSの世界でその名を馳せている統合開発ツールYeoman、Senchaフレームワークの世界ではSencha Cmdがその役割を担っています。
今回は、Yeoman vs Sencha Cmd と題して、この二つの統合環境の角度からWeb Applicationそのもののあるべき姿について理解を深めます。Yeomanの解説には、HTML5WEST.jp代表の村岡正和さんをお招きして熱く語っていただきます。

コンテンツ

  • 19:00〜19:15 オープニングトーク 佐川 夫美雄
  • 19:20〜20:00 Turn of Yeoman 村岡 正和
  • 20:10 〜20:50 Turn of Sencha Cmd 中村 久司

(敬称略)

懇親会

終了後、会場近くで懇親会を開催します。およその参加人数を把握するために懇親会の参加アンケートをつけておりますので、そちらで参加表明をお願いします。

参加費

  • 無料
  • 懇親会参加の方は当日に集めます。(1,000円程度を予定)

アクセス

  • 地下鉄堺筋線 扇町駅 2-A 2-B 出口方面へ向かい関西テレビへの出口を出て、エスカレーター/エレベーターで3階まで
  • JR環状線天満駅からは、天神橋筋に出て道路を渡った向かい側が関西テレビです。エスカレーター/エレベーターで3階まで。

http://www.meetup.com/Japan-Sencha-User-Group/

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザが投稿することができます

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。