ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

シランカップリング剤による表面処理技術

実際の使用において鍵となるシランカップリング剤の反応性に影響する諸因子と、反応メカニズムや無機・有機界面との界面層形成と界面反応の評価方法について概説!

日時 :
2013/11/19 (火) 12:30 ~ 16:30
会場 :
タイム24ビル 4F 研修室 【東京・江東区】
URL :
http://www.rdsc.co.jp/seminar/131137.html
主催者 :
住所が入力されていません

【講座の趣旨】
 シランカップリング剤は無機・有機材料界面でのぬれ、接着性、相容性向上のために使われているが、近年ではナノスケールで均一化された無機・有機コンポジット/ハイブリッド系材料合成の主材料にもなっているが、空気中水分などの関与する反応でもあり、制御は容易ではない。本セミナーでは、実際の使用において鍵となるシランカップリング剤の反応性に影響する諸因子と、シランカップリング剤の反応メカニズムや無機・有機界面との界面層形成と界面反応の評価方法について概説する。

【プログラム】
1.シランカップリング剤の反応過程
  1-1.シランカップリング剤の反応
  1-2.加水分解反応
  1-3.重縮合反応

2.シランカップリング剤の反応に影響する諸因子
  2-1.加水分解・重縮合反応に及ぼすpHの影響
  2-2.反応前処理の影
  2-3.溶媒、反応物濃度の影響
  2-4.反応環境(気相・液相)の影響

3.シランカップリング剤の界面層形
  3-1.酸化物無機材料への界面形成
  3-2.金属無機材料へのメルカプト基を介する界面形成
  3-3.有機材料へのメルカプト基を介する界面形成
  3-4.有機材料へのエポキシ基を介する界面形成
  3-5.有機材料へのアミノ基を介する界面形成

4.粉体/基板表面とシランカップリング剤の反応性評価
  4-1.FT-IRによる評価
  4-2.BETによる評価
  4-3.SEMによる評価
  4-4.XPSによる評価
  4-5.AFMによる評価
  4-6.接触角測定とXPS、AFM
  4-7.ナノスケールで見る「理想的」界面層と「実際の」界面層

【質疑応答・名刺交換等】

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザーが投稿することができます

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。