ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

第4回 iphone_dev_jp 東京iPhone/Mac勉強会

iOS/Macに関する勉強会です

日時 :
2013/05/25 (土) 13:00 ~ 18:00
定員 :
120人
会場 :
株式会社VOYAGE GROUP(東京都渋谷区神泉町8-16 渋谷ファーストプレイス8F)
URL :
http://twitter.com/iphone_dev_jp
主催者 :
ハッシュタグ :
#idevjp

今回は、スペシャルセッションとしてEvernote本社からMac版EvernoteのUIのリニューアルの指揮をされましたJack Hirschさんにきていただき、背景や開発手法などをお話いただきます。
すべての開発者にとって非常に有意義な時間になると思いますのでぜひお越しください。

スタッフ募集

当日、会場の準備や受付などを手伝ってくださるかたを募集いたします。手伝ってもいいよ、というかたがいらっしゃいましたらご連絡くださいませ。

lesamoureuses
huin
myb
nun_
KohsakuNishida
森嶋大樹

開場 12:30
場所
株式会社VOYAGE GROUP
(東京都渋谷区神泉町8-16 渋谷ファーストプレイス8F)


スペシャルセッション

Evernote のユーザエクスペリエンスアプローチ

講演内容
Mac版Evernoteは昨年11月に大幅なアップデートを行いました。最近のユーザーインターフェース変更はなぜ必要だったのか、何を達成しようとしたかといった背景、ユーザーからのフィードバックを受けてどのように対応したか、またこうした道程における様々なチャレンジなどの開発秘話についてお話しします。Mac用ソフトに限らずソフトウェア開発者ならどなたでも、Evernoteのユーザーエクスペリエンスに対するアプローチの一端をご理解いただける機会になると思います。

講演者
Jack Hirsch(ジャック・ハーシュ)、Head of Desktop Products, Evernote
AOL、Nike、Vodafone、Nikon、Tata、Foster’sといった企業のテクニカルコンサルタントとして従事。サンフランシスコに移り、Rightnow(のちオラクルにより買収)に勤務、その後、GoPlanitを起業しTechCrunch 50のファイナリストに選ばれる。James Madison Universityのコンピュータサイエンス学士号と、Johns Hopkins UniversityのMBAホルダー。


タイムテーブル(仮)

時間 発表者 タイトル
13:00 – 13:10 会場について・諸注意
13:10 – 13:40 EasyStyleGKさん Objective-C atomicity
13:50 – 14:20 _ishkawaさん iOS5で動くUIRefreshControlの作り方
14:30 – 15:00 cocoponさん フラットデザインの話
15:10 – 15:40 novi_さん クライアント系iOSアプリのつくりかた(実装と開発プロセスの話)
〜休憩〜
16:00 – 17:00 Jack Hirschさん スペシャルセッション
Evernote のユーザエクスペリエンスアプローチ
17:10 – 17:40 ninjinkunさん NJKWebViewProgressについて
17:40 – 18:00 kishikawa katsumi Mac/iOSのリッチテキストの表示について


懇親会について

参加費: 1000円

終了後にそのまま会場にて、ドリンクと軽食とともに懇親会を予定しております。
貴重な機会だと思いますのでぜひそちらにもご参加くださいませ。

懇親会に参加するかたは受付時に懇親会費1000円のお支払いをお願いいたします。


インターネット配信について

↓ こちらのUstreamチャンネルで全セッションを配信予定です。
http://www.ustream.tv/channel/endevmeetup


資料・スライドの共有について(主にネット中継を視聴するかたへ向けて)

資料の共有にスライド共有サービス「Slidrs(スライダーズ)」を使用します。

Slidrs iPhone/iPad アプリのダウンロードはこちら => Slidrs – AppStore
ブラウザで見る場合はこちら => http://slidrs.net/sessions/376/

第一回の勉強会で使用した「SYNCNEL」の会議機能だけを抜き出して便利に操作できるようにしたサービスです。

発表者と手元の資料を自動的に同期して閲覧することができます。
ネット中継をご覧になるかたも手元で資料を閲覧できます。
会場に来られるかたも、座席によってはプロジェクターが見にくい場合がありますので、あらかじめ設定しておくとよいでしょう。

ブラウザで閲覧することもできるようになりました。アプリと同様にページの追尾機能も有効です。
http://slidrs.net/sessions/376/

参加者のかたの設定手順

  1. AppStoreから「Slidrs」のアプリをダウンロードして下さい
  2. 起動してセッション番号「376」を入力してセッションに参加する
  3. 右上の「手動閲覧中」を押して「自動閲覧」にする
  • 後は放っておくと自動的に資料切替やページめくりが追随されます
  • 画面に触れると自動追尾が切れますので、再度発表者に自動追随する場合は「手動閲覧中」を押して「自動閲覧」にしてください


技術者同士の情報共有と交流を目的にしていますのでヘッドハンティング、人材紹介目的の方はご遠慮ください。

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザが投稿することができます
ゲームキャスト
ゲームキャスト - (2013/05/15 (水) 01:54)
通院のため、遅刻いたします。
申し訳ありません。
16:00より会場に伺います。
softfunk / bouz
softfunk / bouz - (2013/05/25 (土) 12:40)
諸事情により15時くらいからの参加になってしまいます。。大変申し訳ありません!何卒よろしくお願いします。

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。