ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

第18回 FreeBSD勉強会

BSDCan 2013から知るFreeBSD最新事情

Default latent
日時 :
2013/05/24 (金) 19:00 ~ 21:00
定員 :
120人
会場 :
KDDIウェブコミュニケーションズ会議室(東京都千代田区麹町三丁目6番地 住友不動産麹町ビル3号館)
URL :
http://www.bsdconsulting.co.jp/CGI/BSDC.CGI?CNT=FREEBSDSTUDY
主催者 :
ハッシュタグ :
#FreeBSDStudy

第18回 FreeBSD勉強会

BSDCan 2013から知るFreeBSD最新事情

講師
後藤大地
経歴
BSDコンサルティング株式会社取締役 / 有限会社オングス代表取締役 / FreeBSD committer

2013年5月15日から19日にかけて、カナダの首都オタワにおいて、*BSD関連最大の国際会議「BSDCan 2013」が開催される。BSDCan 2013の開催に合わせてFreeBSD DevSummitやFreeBSD VendorSummit、またはこれに類する会議が予定されており、FreeBSDの発展に関して重要なイベントになっている。

本勉強会では、BSDCan 2013の期間を通じて発表されたFreeBSD関連の情報から、現在開発が進められている新機能、今後投入が予定されている新機能、または公開しても問題ないと判断された情報を紹介する。FreeBSDの開発で取り組まれている技術を知ることは、数年後に広く普及する技術を知ることにもつながる。業務や研究への転用にも効果的であり、ぜひ多くの方にご参加いただければと思う。

発表を予定している内容は次のとおり。

  • 2012年のセキュリティインシデントの概要説明、対策状況概要の説明、セキュリティの基本的な考え方の説明
  • FreeBSDベースのコンテンツ配信アプライアンスNetflix OpenConnectのシステム構成および開発
  • 次世代パッケージ管理システムpkgngとマルチアーキテクチャビルド
  • 仮想マシンI/O並列処理性能向上に関する基本戦略
  • FreeBSD仮想化技術BHyVe、Xen、Hyper-V、VMware、VirtualBox
  • DTraceとD++スクリプト(Dスクリプトシンタックスシュガー)
  • BSDライセンスリンカ MC Linker
  • ディスクI/Oベンチマーク
  • BSDCan 2013/FreeBSD DevSummit201305から感じる今年の潮流について

またこの数年、とくにエンタープライズ分野でFreeBSD開発者とFreeBSDを利用しているベンダとの協力関係の構築が進んでおり、ビジネスも活発化している。そのあたりの雰囲気も含めてお伝えできれば思う。


開催日時
2013年5月24日(金)19:00~21:30 (18:30開場)
場所
KDDIウェブコミュニケーションズ会議室
有楽町線「麹町駅」徒歩2分/半蔵門線「半蔵門駅」徒歩4分/JR線「四ッ谷駅」徒歩11分
〒102-0083 東京都千代田区麹町三丁目6番地 住友不動産麹町ビル3号館
http://www.kddi-webcommunications.co.jp/corporate/map.html
参加費
2,000円 当日現金払い
※ご注意:領収書の発行は行いません。ご了承ください。
案内
次回、第19回FeeBSD勉強会の参加申し込みはhttp://atnd.org/events/39868からどうぞ。

協力
BSDコンサルティング株式会社
株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ
株式会社技術評論社
有限会社オングス

実行委員
佐藤広生(東京工業大学/FreeBSD Foundation)
後藤大地(BSDコンサルティング株式会社 取締役/FreeBSD committer)
馮富久(技術評論社 クロスメディア事業部)
斉藤哲男(KDDIウェブコミュニケーションズ SMB事業本部システム開発部)
佐々木宣文(有限会社オングス メディア担当)
お問い合わせ freebsdstudy at bsdconsulting.co.jp
  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザが投稿することができます
Kazuo_Ishii_PhD
Kazuo_Ishii_PhD - (2013/05/22 (水) 10:21)
参加します。たくさんの参加があればいいのですが、この内容だと厳しいかも、、。ですね。私の経験だと。アンケートは重要ですね。
Kazuo_Ishii_PhD
Kazuo_Ishii_PhD - (2013/05/22 (水) 10:23)
海外学会参加報告は、講演する側はやりやすいのですが、私の経験だと受けがよくありません。

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。