ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

学生ヨル会議@アートch「持ち腐れだと、誰が言った。展」

【好きでつながるコミュニティメディア】【学生アーティストの展示は無料!】

Default latent

1, 学生ヨル会議って?

私たち学生ヨル会議とは、学生が夜に寄り集まって話し合う発信型のプラットフォームです。
2012年の1月1日にNHKで放送された「ニッポンのジレンマ」を観た大学生たちがソーシャルメディア上で集まり、京都でこの学生ヨル会議が生まれました。
地域のコミュニティスペース等をお借りして、様々なテーマについて議論し、その様子をUstreamで全国に放送。地域間、世代間を超えた情報共有し、何か新たな気づきを生み出すこと目指しています。

学生ヨル会議とは?

1-2, アートchについて

「京都で活動する学生作家をもっと知ってほしい。」
「才能を宝の持ち腐れのままになんてもったいない。」
そんな想いからアートchは生まれました。

リアルな会場参加者による議論と特別ゲストによるクロストークを組み合わせた"新しいカタチのUstream番組放送"です。

Time table
時間 内容
12:00 展示OPEN(23:00までご自由に鑑賞いただけます)
18:30 受付開始
19:00 ワークショップ「あなたの応援したい学生アーティストは?」
19:50 - 休憩 -
20:00 Ustream配信!論者トーク「京都で芸術生活をするということ」
21:00 質疑応答
21:30 立食パーティSTART!
23:00 CLOSE
展示について

「持ち腐れだと、誰が言った。展」
京都で活動する、アツい 学生作家12人による、
つくるビルをまるごと使った贅沢な展示です。
参加作家の紹介:http://motigusare.tumblr.com/
展示日:3/16~18 (12:00〜18:00)

ゲスト(今回のUstream出演論者)
原 智治さん
1980年、京都市生。京都大学工学部電気電子工学科卒業。ソニー・エリクソン勤務を経て、2007年、京都市入庁。現在は文化行政を担当。NPO 法人芸術生活研究所hanare監事。「ヒップホップのハード・コア」(『GRL KYOTO MAGAZINE』所収、2011)主なトーク出演に「京都藝術」、「MOVING Talk vol.0」「KYOTO OPEN STUDIO 2012」。
参考① Photo by OMOTE Nobutada京都市文化芸術企画課
参考② hanare×Social Kitchen
コーディネーター(今回のアートchプロデューサー)
山田愛さん(インタビュー記事はこちら)
1992年京都市生まれ。京都精華大学デザイン学部 在籍。学生アートプロデュース団体Yah! ARTmovementを立ち上げ、展覧会キュレーション・アートイベントの企画を手がける。セイカアジールプロジェクト・京都文化芸術学生事務局(仮)の設立など芸術表現の場づくりを企画を推進中。
参考① おやま田んぼラブちゃん
参考② Twitter(@llchangall)

2, 当日参加の方へ

料金

展示会に参加される方…無料
学生ヨル会議に参加される方…¥1,500(大学生・社会人)

※なんと今回に限ってイベント参加者には晩御飯もついちゃいます!ご飯を囲みながら芸術を語りましょう。

参加方法

【参加の際のコメント欄に】
①所属(大学や職業など)
②興味や関心など自己紹介を軽く

開催場所

つくるビル

3, その他

ヨルには2つの意味があると考えています。
1つは何か新しいことが始まりそうなワクワクする時間帯としての「夜」。もう一つはフラッと気軽に集まれるという意味での「寄る」です。家が近いし…暇だし…といった方までお気軽にご参加ください。
その他何かご質問等ありましたらコメントなり管理者までご連絡ください。

【責任者】
山川勝弘

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザが投稿することができます
研修医927
研修医927 - (2013/03/14 (木) 19:54)
ビルの何階ですかね?自転車置き場ありますかね?

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。