ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

ポリマーアロイ・ブレンドの基礎と散乱法による構造解析【名古屋開催】

ポリマーアロイ・ブレンドの相溶性等に関する基本的説明から、構造解析および物性評価手法まで事例を交えて詳解!

日時 :
2013/04/12 (金) 12:30 ~ 16:30
定員 :
20人
会場 :
名古屋市中小企業振興会館(吹上ホール) 4F 第4会議室 【名古屋・千種区】(愛知県名古屋市千種区吹上二丁目6 番3 号)
URL :
http://www.rdsc.co.jp/seminar/130424.html
主催者 :

【習得できる知識】
ポリマーアロイの構造解析に欠かせないX線散乱法の基礎

【講座のポイント】
 ポリマーアロイ・ブレンドの基礎として、言葉の定義に始まり、一般的な特性評価方法の概説を行う。散乱法による高分子構造解析を中心にその基礎の概説を通して、講師の最近の研究例を交えて講演する。

キーワード:小角X線散乱、ブロック共重合体、薄膜

【プログラム】
1.定義と概説
  1-1 ポリマーアロイ、ブレンドの用語と定義
  1-2 共重合体・ブロック共重合体

2.ポリマーアロイ、ブレンドの相平衡と相分離
  2-1 相溶性と相図
  2-2 相分離と構造形成

3.ポリマーアロイ、ブレンドの構造解析
  3-1 光学顕微鏡、電子顕微鏡、走査型プローブ顕微鏡
  3-2 散乱法(X線、中性子、光)
  3-3 その他

4.構造解析と基礎物性評価

  4-1 非対称性ABA’型トリブロック共重合体の相分離構造の特徴
     —- 小角X線散乱, DSC測定による解析
  4-2 SAXS,SANS,POMによるブロック共重合体の相挙動解析
     —- 小角X線散乱, 小角中性子散乱, 偏光顕微鏡観察による解析
  4-3 重合誘起相分離によるナノネットワーク構造形成と構造解析
     —- 小角X線散乱, コントラスト変調法による解析
  4-4 ブロック共重合体の相分離構造の配向制御と構造解析
     —- ミクロ相分離構造の配向制御と構造解析
     —- 高分子薄膜の相分離構造解析
        微小角入射小角X線散乱法,AFM,TEMによる構造解析

【質疑応答・名刺交換】

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザーが投稿することができます
Nanda
Nanda - (2015/11/15 (日) 01:29)
Happy see this seminar. Let me know about future seminars as well. Good one. Find Bank of Baroda ifsc code for bhajanpura branch in New Delhi and get all updated address details on this page.

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。