ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

第21回関西IT勉強宴会  

要求開発と三要素分析法で要件定義

日時 :
2013/02/22 (金) 19:00 ~ 21:00
定員 :
30人
会場 :
シナジーマーケティング株式会社様 会議室(大阪市北区堂島1-6-20 堂島アバンザ21F)
URL :
http://www.onas.asia/home/kwansaiit
主催者 :
ハッシュタグ :
#kwansaiit

要求開発と三要素分析法で要件定義

要件定義

 プログラムが作れるようになり、設計も出来るようになると次に立ち向かうべきは要件定義です。若いSEさんはたまに誤解されているようです。

誤解1:要件定義はお客様が行うものでしょ?

→いえいえ、整理は我々SEのお仕事です。
 要望 → 要求 → 要件 、 機能要件と非機能要件
 こういう整理をやり慣れているのは私たちSEです

誤解2:上流工程ってコンサルタントの仕事では?

→会社や人によっても千差万別ですが、コンサルタントは他社(特に海外)での成功事例をあたかも正しいかのように伝える事があります。報告書をよ~く読むと、「御社に最適」でなく「こんな事例がありました」しか言ってないかも。出来る/出来ないでなく、やっても良いか否かを判断するのはSEです。

今回の勉強宴会では、要件定義を取り上げて出来る限り具体的に説明します。
多数の方の参加をお待ち申し上げています。

業界標準プロセス

ウォーターフォールの開発プロセスの業界標準は「共通フレーム2007(SLCP-JCF2007: software life cycleprocess – Japan common frame)」です。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120726/411909/
実際にどこまで使えるかはともかくとして知らなければ話になりません。共通フレームを多少丁寧に説明してから、要件定義フェーズで使う「なんちゃってDOA(仮称)」を説明します。

要求開発

「要求はあるものではなく、開発するものである」という標語のもとに集まった方々で要求開発アライアンスが活動されています。大阪でも月に1度勉強会があります。
http://www.openthology.org/
そこで得た方法論に、渡辺幸三さんの「三要素分析法」を絡ませてどういう要件定義をされているのか。具体例を見せてもらい意見交換しましょう。

タイムテーブル

  2013年 2月22日(金曜日) 19:00スタート

時間 発表者 タイトル
19:00 – 19:30 セールスフォース・ドットコム 佐野 初夫 業界標準プロセスと、なんちゃってDOA
19:30 – 20:30 株式会社ウイズ 山本 幸伸さん 要求開発と三要素分析法で要件定義
20:30 – 21:00 質疑応答・意見交換
21:00 – ALL  有志でワイワイ

場所

シナジーマーケティング株式会社様 会議室
大阪市北区堂島1-6-20 堂島アバンザ21F 入ったところの会議室です
 ※無料でお貸しいただきありがとうございます

参加費用

 無料。このページから申し込んで下さい。

お願い

メーリングリストに参加すれば、この勉強宴会で学んだ内容を詳しくフィードバックします。次のアドレスに空メールを送って下さい。退会も簡単です。
KwansaiIt+subscribe@googlegroups.com
 ※+は1バイトのプラスの文字です

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザーが投稿することができます
佐野初夫
佐野初夫 - (2013/02/21 (木) 23:50)
参加表明いただいてありがとうございます。
いよいよ明日です。楽しみですね。
「要求開発」をご存じかのアンケート結果です。
  良く知っている:1名(講師の山本様(笑))
  多少知っている:13名
  知らない:4名  無回答:2名
飲み会は、いつも通り「白木屋西梅田店」です。

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。