ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

第7回RxTstudy

Redmineやタスク管理を考える勉強会@大阪

Default latent
日時 :
2013/02/16 (土) 13:00 ~ 18:00
定員 :
35人
会場 :
TIS株式会社(19Fセミナールーム) (大阪府吹田市豊津町9-1 パシフィックマークス江坂)
URL :
http://www.rxtstudy.net/
主催者 :
ハッシュタグ :
#RxTstudy

第7回RxTstudyを開催します。

プロジェクト管理ツール「Redmine」※やタスク管理にフィーチャーした勉強会を開催します。
※「Redmine」以外の「プロジェクト管理ツール」「ITS(タスク管理システム)」を含みます。

Redmine を触ったことがない方も、チケット駆動バリバリという方も
プロジェクト、タスク遂行をより良くするための情報共有の場としてふるってご参加ください。

公式サイト : http://www.rxtstudy.net

参考:過去のATND 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回

■タイムスケジュール

詳細は決まり次第更新いたします。

12:30- 開場
13:00- オープニング
13:10- 道具としてのDVCS(@irofさん)
14:00- 休憩
14:10- バリバリのウォーターフォールからアジャイルに移行させる7つのステップ(小枝さん)
14:40- 休憩
14:50- チケット駆動開発におけるEVMの考え方(あきぴーさん)

  ピンチヒッター講演
    挑戦の道具としてのチケット駆動開発(@sakaba37さん)
    RedmineのEVMプラグイン(@agilekawabataさん)
15:30- 休憩
15:40- グループ分け
16:00- グループディスカッション
  「あなたがRedmineなどのITSを使う目的は?」
16:50- 各グループ報告
17:20- 告知タイム
17:30- クロージング
17:40- 後片付け

18:30 – 会場近辺にて 懇親会!

■セッション内容

※ 随時更新します。

◇道具としてのDVCS(@irofさん)

「分散バージョン管理システム」は最近よく耳にする言葉ですが、実際に使い始めるには(心理的な)ハードルがあるように感じています。バージョン管理システムは個人で使っても十二分に役立ちますし、おそらく二の足を踏んでいる方が思っているよりも手軽なものです。
今回は「個人の道具」にフォーカスして、DVCS(と言うかGit)についてあれやこれや話させて頂こうと思います。

◇バリバリのウォーターフォールからアジャイルに移行させる7つのステップ(小枝さん)

あるのは、現実に合わない古い仕様書と、リーダが握るエクセル表だけ。
日々、入る変更と不具合に追われ、疲れ果てている。
こんな状態から、アジャイル環境へ持っていくのはどうしたらいいか?
私は、色々な試行錯誤の結果を7つのステップを踏んで実施する方法にまとめ直してみました。
色々ある問題の中から、特定の問題にスポットを当て、解決策を提案して、実施していく。
これにより、ステップを踏みながら、定期的なリズムを刻みながら、チームで問題を解決していく自立性のある組織に変わっていく。
そんな変革の方法の1つとして提案してみたいと思います。

◇チケット駆動開発におけるEVMの考え方(あきぴーさん)  

Tプロジェクトの売上計上が、以前の検収時の丼勘定から工事進行基準に変わったため、EVM(Earned Value Management)というPMBOK発のコスト管理が注目されています。
しかしながら、ITプロジェクトにおける工数管理はマネージャだけでなく開発者にとっても大変面倒であり、EVMの現場への適用も混乱している所が多いように思えます。

本講演では、Redmineによるチケット駆動開発を実践している場合、EVMをチケット駆動開発へどのように適用すればよいか、EVMの効果的な運用方法は何か、についてのアイデアをお話します。

◇ピンチヒッター講演

    挑戦の道具としてのチケット駆動開発(@sakaba37さん)
    RedmineのEVMプラグイン(@agilekawabataさん)

◇グループディスカッション  
  「あなたがRedmineなどのITSを使う目的は?」

  • 自動化・効率化/コミュニケーション、能力発揮/マネージメントの小グループに分かれてディスカッションします。
  • お申し込みの際にご希望のグループを選んでください。
  • 当日の変更も受け付けます。

◇告知タイム  

人数によりますが、1分/人くらい。内容問わず。
勉強会・イベント開催日程や内容など 告知したい内容を1枚のPDFにしてご用意ください。(無くても可)

※当日の申告でもOKですが、事前にわかっている人は、コメント欄に告知希望の旨記入ください。


■参加費 無料(カンパ制)

  • 500円程度のご協力をお願いします(おつりは出せません)
  • 運営費(筆記用具、発表者支援など)に使用させていただきます
  • 領収書はお出しできません

■懇親会(3,500円程度を予定しています)

  • 会場近辺で開催(いつもの「きんいち」)
  • お申込の際に参加/不参加を選んでください。
  • 変更の際はこのページにコメントしてください。

お申し込み/キャンセルはなるべく2月15日17:00までにお願いします。

予約の都合上、なるべくしめきりまでにお申し込みください。急な事情による申し込み後のキャンセルは、このページの下部でコメントしてください。

■会場までの道のり

  1. 江坂駅(北改札)を出て左手の連絡通路より2F受付にお越しください
  2. 2F受付を正面に見て、左手のエレベータで直接19Fまでお越しください

■お問い合わせ先

rxtstudy.info at gmail.com まで (_at_は@に変換)

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザが投稿することができます
RxTstudy
RxTstudy - (2013/02/16 (土) 12:45)
都合により、あきぴーさん、USTREAMはお休みです。
agilekawabata
agilekawabata - (2013/02/16 (土) 13:29)
今回はスタッフも風邪などで少なかったので、Ustは中止しました。

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。