ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

第6回セキュリティさくら

熊本情報セキュリティ勉強会

日時 :
2012/12/15 (土) 13:00 ~ 18:00
定員 :
55人
会場 :
桜の馬場 城彩苑 多目的交流室(熊本市中央区二の丸1番1-3号)
URL :
https://sites.google.com/site/hackinthecafe/kumamoto/
主催者 :

草の根から熊本を盛り上げよう、と季節開催を行っております「熊本情報セキュリティ勉強会」の第6回を、平成24年12月15日(土)に開催いたします。今回は、航空自衛隊や内閣情報セキュリティセンターなどを歴任し、現在は、富士通及び独立行政法人 情報処理推進機構に所属されている岡谷貢氏を講師に招き、サイバーセキュリティをめぐる世界の動き、サイバー空間時代のセキュリティの情勢などについて話して頂きます。空中戦の仕方から、サイバー空間という言葉のホントの意味までじっくりとマンツーマンで相手して頂きますので、飛行機に興味のある方も参加下さい。

本勉強会では、「セキュリティに興味があればOK!」をテーマに、難しく考えがちなセキュリティを楽しく学べる場としてボランティア的に企画しております。熊本に限らず近郊地域の皆様に参加頂き、セキュリティというものを身近に感じて貰える様な、また同じような興味を持った人間同士の交流ができる会となれば幸いです。

これまで、外部からの最新情報を得ることを目的に、講演を中心とした活動をしてきましたが、発足から1年を経て、少しばかり情報発信の要素を加えるべく、今回はショートセッションやLTの時間を多めに取ってみたいと思います。

勉強会終了後は、懇親会を社会人4,000円、学生3,000円で予定しています。懇親会の参加については、アンケートを設けておりますので、そちらでご回答ください。毎回、9割以上の参加率ありがとうございます。お陰様で、懇親会を通じて、社会人、学生、職種等を超えた交流の場として機能しておりますので、初めての方もお気軽にご参加ください。
※学生の定義については、「まっちゃ139勉強会学生補助規則」に準じます。判断が困難な場合は、 secumoccos [at] gmail.com までお問い合わせください。

なお、今回の会場では、Wi-Fi等のネットワーク利用が出来ません(前回、大量接続で全体のネットワークが落ちました)。ポケットWiFi等で協力をお願いしたいと思います。また、タップ等についても極力準備致しますが、参加者の皆様にもご協力頂けましたら幸いです。

[実施要綱]

13:00~ 受付開始
13:30~13:45 開会挨拶、勉強会紹介、諸注意
13:45~14:55 自己紹介(1人1,2分程度)
14:55~15:00 休憩・機器調整
15:00~16:00 講演「サイバー攻撃を技術オバービューから国際情勢まで俯瞰して見て繋がりを体感してみよう」(岡谷 貢 氏)
16:00~16:20 休憩
16:20~18:00 ショートセッション(各20分)・ライトニングトーク(各10分)
・Kei Yoshimura(@9SQ)「ハードウェアセキュリティ(線)」
・green2「その仕事儲かるの?」
・しずみ「はじめてのワンクリック詐欺退治(仮)」
・竹内康裕「社内セキュリティーポリシーの企業別/時代別の違い」
・ntanaka「組込み系とセキュリティについて何か(仮)」

■講師概要

 ※LT発表者については上記オフィシャルページをご参考ください
岡谷 貢 氏
1980年、航空自衛隊入隊後、戦闘機操縦士を経て兵器システム開発業務、IT型システム開発及び情報セキュリティ関連業務のプロジェクト責任者に従事。
2002年、航空幕僚監部、防衛省内部部局、内閣官房情報セキュリティ対策推進室を兼任。NIRT(政府緊急対応要員)として日本のCSIRT体制構築とNISC立ち上げを行う。
2006年、統合幕僚監部にて防衛省サイバーセキュリティ体制構築後、空自教育機関にて人材育成業務に従事。
2008年、再度、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)に出向し、政府の情報セキュリティ政策の企画立案、各省政策の相互調整業務を実施。
2012年10月に、航空自衛隊を任を全うし退官。富士通及び独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)に勤務。

■講演概要

【タイトル】「サイバー攻撃を技術オバービューから国際情勢まで俯瞰して見て繋がりを体感してみよう」(問題の本質を見る力を情報セキュリティや戦闘機の飛ばし方等の切り口を題材に考える)
【概要】
 現象をうわべではなく、多面的に見つめる力と技について情報セキュリティと航空分野と先の震災災派活動を題材に講義を通じて疑似体験してみます。
 富士山は見る角度や時間によって別な姿に見えますが、そこにあるのは何れも紛れもなく富士の山。
 見えてるものの奥にある本質と課題の構図を探る力は古来民族が生き残り、先に繋げる為に必要な能力です。
 今の情報セキュリティ分野は、業界が誕生してから20年程ですが、この間に様々な構図変化と技術の変化を体験してきました。その度にプレイヤやその意味合いも変化して来ています。現在我々が直面している「サイバー空間」の問題もしかりです。一体何が動いてるのか?背景は何か?今までの物差しでは理解できないことが背景にある筈です。現象からだけでは見えない何か?を見出すにはサイバー空間テーマはとてもいい題材です。
 さらに、三菱重工への攻撃で話題になった標的型メール攻撃事案を例に、攻撃技術の詳細解析オーバビューが国際情勢構図や米外交安全保障ドクトリンにまで繋がった問題であることを解説します。
 一緒に、「本質を見ぬく力」を感じてみましょう。そして自分の先の世代につなげ、この国日本をいい形でいつまでも残していきましょう。先人たちが命をかけてやって来てくれたように…

[費用]
勉強会参加費:社会人500円 学生無料
懇親会費  :社会人4,000円、学生3,000円

※18:30頃より、別会場にて懇親会を予定(参加確認のアンケートを設けております)
※ハッシュタグ:#セキュリティさくら

なお、会場の場所がやや分かりづらいため、以下の「城彩苑」オフィシャルページよりアクセス方法をご確認ください。食事施設やお土産施設もある総合観光施設内の「総合観光案内所」2Fとなります。
http://www.sakuranobaba-johsaien.jp/access/index.html

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザが投稿することができます

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。