ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

第3回 Web時代のGIS技術勉強会

オープンな地図データ,オープンな地図プラットフォーム

日時 :
2012/05/25 (金) 17:00 ~ 20:00
定員 :
55人
会場 :
東京大学農学部 弥生キャンパス内・向ヶ丘ファカルティハウス(東京都文京区弥生1-1-1)
URL :
http://www.niya.net/gis/
主催者 :
ハッシュタグ :
#webgistec

定員を超えておりますが,参加登録は受け付けています.椅子を多めに用意して頂くので,当日は,参加登録された方に優先して座って頂き,余分の椅子もなくなった時点で席がない場合は立ち見という形でお願いいたします.

開催趣旨

この勉強会は,主に技術の観点からWeb時代のGIS技術について議論を深め,新しいGISの姿を描き出すことを目的としています.3回目となる今回の勉強会では,Webやモバイルを支えるオープンなプラットフォーム技術としてHTML5を,オープンな地図情報基盤としてOpenStreetMapを取り上げ,技術とデータそれぞれにおいて,自由で誰もが活用できるオープンな基盤が出揃った後の,地図・空間情報技術の将来を考えてゆきます.HTML5もOSMも,Webの普及と発展に深く根付いた技術です.Webが社会に浸透し,情報のあり方を根本から変えてゆく中で,地図はどう変わってゆくのか,Webが作り出す新しい地図の姿を考えてゆきます.

講演者

LinedData勉強会の中心人物であり,Semantic WebやLinked DataといったWebの思想とそれを支える技術を研究し,Webの未来像を考え続けている加藤文彦氏,SVG Mapを中心に地図とWebとの融合を長年考え,W3Cでの標準化でも活躍されている高木悟氏,2007年より続くblog“Relevant, Timely, and Accurate” (旧 “Geographic/Photogrammetric/Cartographic”)や世界の測量を通して,地図や空間情報に関わる技術に対する深い洞察を伝え続けるhfu氏,The OpenStreetMap Foundation Japanの一員として,日本におけるOSMの普及や3.11後のクライシスマッピングプロジェクトであるsinsai.info,本年度のOpenStreetMapの国際会議SoTM2012の開催に深く関わる古橋大地氏,開発者コミュニティにおいてHTML5を中心に新しい技術の普及に尽力し,FOSS4Gと呼ばれる地理情報に関するオープンソースソフトウェアにも造詣が深い若狭正生氏ら,地図・空間情報技術を切り開く気鋭の発表者を迎え,技術や制度,ビジネスやコミュニティのあり方など多面的な議論を進めてゆきます.

後援


  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザが投稿することができます
waigania13
waigania13 - (2012/05/14 (月) 09:43)
遠方で参加出来ませんが、札幌のコワーキングスペース garage labs(http://garage-labs.jp/)さんの会議室をお借りして、有志でUst視聴いたします。
geo80k
geo80k - (2012/05/14 (月) 13:17)
登録が遅くなりましたが、参加させて頂きます。よろしくお願い致します。
niyalist
niyalist - (2012/05/17 (木) 17:58)
参加登録枠を拡大しました.

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。