ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

JavaQne(じゃばきゅん) Fukuoka 2012

先日の大規模Javaイベントの福岡での小さいのみたいの

日時 :
2012/05/26 (土) 13:00 ~ 18:00
定員 :
80人
会場 :
ASCビル(博多駅付近)(福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目16-25)
主催者 :
ハッシュタグ :
#javaqne

概要

九州でやるからQ、聞けるセッション数が1/4(Quarter)だからQ、になる感じで。でも、中身は濃ゆいよ!
JavaOne東京で話をした人を5人ほどお呼びしていろいろ話していただきます。
Javaをガッツリやってるわけじゃない人でも、楽しいと思います。

モバイルサイト

http://bit.ly/javaqne2012m

場所

ASCビル2A (博多駅付近)

参加費

1000円(学生無料)

懇親会

こちらが本番
登壇者の方々は、それぞれ講演内容以外にもネタをもってます。いろいろ聞きましょう。
懇親会は、別に参加登録してください。
JavaQne(じゃばきゅん) Fukuoka 2012 懇親会

協力・協賛

日本オラクル
日本Javaユーザーグループ
Pencil
XSEEDS
Nulab

タイムテーブル

時間 発表者 所属 タイトル
13:10~14:00 寺田 佳央 (@yoshioterada) 日本オラクル Java EE 6 からクラウド対応に向かって
14:10~15:00 櫻庭 祐一 (@skrb) Java in the Box Java SE 7、そしてJava SE 8
15:10~16:00 関谷 和愛 (@kazuchika) 日本オラクル JavaFX and Web Integration
16:20~16:50 木村 貴由(@nekop)
寺田 佳央(@yoshioterada)
レッドハット
日本オラクル
The New JSR-107 Caching Standard
17:00~17:50 きしだ なおき(@kis) Javaコミュ@九州 近頃のNetBeans

※「トラブルシューターの頭の中身」「JSR 353: Java API for JSON Processing」は都合によりキャンセルになりました

講演概要

13:10~14:00 Java EE 6 からクラウド対応に向かって

Java は1996 年の正式リリース以降、デスクトップ環境、エンタープライズ環境、モバイル環境といった様々な分野で適用されてきました。そして今なお進化する Java はクラウド環境における運用・開発を、より容易にするため、既存の開発容易性を持つ機能に加え、サービス・プロビジョニング、Elasticity、マルチテナンシーといった機能を取り入れています。プライベート・クラウドからパブリック・クラウド、ハイブリッド・クラウドまで適用可能な、最新の標準エンタープライズ・クラウドについてご紹介します。

日本オラクル株式会社
Fusion Middleware 事業統括本部
Fusion Middlewareビジネス推進本部
シニア Java エバンジェリスト
寺田 佳央

14:10~15:00 Java SE 7、そしてJava SE 8

5年ぶりにメジャーバージョンアップしたJava SE 7では言語仕様の変更や、ファイルシステムAPIなど様々な機能が新たに導入されました。
そして、来年にはJava SE 8のリリースが控えています。Java SE 8ではProject LambdaとProject
Jigsawという2つの大きな機能が導入される予定です。
そこで、本セッションでは、Java SE 7とJava SE 8の注目機能を紹介していきます。

Java in the Box
櫻庭 祐一

15:10~16:00 JavaFX and Web Integration

JavaFXの重要なポイントの一つはフル機能のWebブラウザを内蔵していることです。
これにより、JavaFXアプリケーションの中にWebアプリケーションを埋め込んだり、HTML5アプリケーションとJavaFXを連携させたりすることが可能になりました。
このセッションでは、JavaFXのWebコンポーネント(WebEngine)を中心に、JavaFXとWeb技術(HTML/CSS/JavaScript)のさまざまな連携手法やその活用例などについて、デモを交えて紹介します。

日本オラクル株式会社
Java Embedded Global Business Unit
Principal Sales Consultant
関谷 和愛

16:20~16:50 The New JSR-107 Caching Standard

このセッションは、Java EE 7 で提供される新しいキャッシュの標準技術について紹介します。
具体的にはキャシュ技術に関する実装方法の概要紹介、JDBC 連携方法、便利な API の使用方法や新しく提供されるキャシュ用のアノテーションを紹介します。
またキャッシュ技術は Java EE 7 の環境以外の Java SE 環境や Java EE 6/Spring 環境でも利用可能です。本セッションは様々な場面で使う事ができる Java 標準のキャシュ技術について紹介します。

レッドハット株式会社
Global Support Service
Senior Software Maintenance Engineer
木村 貴由

日本オラクル株式会社
Fusion Middleware 事業統括本部
Fusion Middlewareビジネス推進本部
シニア Java エバンジェリスト
寺田 佳央

17:00~17:50 近頃のNetBeans

Javaでの開発では、Eclipseがよく使われています。しかし、NetBeansも着実に進化を続けています。
このセッションでは、NetBeansのJava SE/EE開発機能を紹介します。

Javaコミュ@九州
きしだ なおき

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザーが投稿することができます
cb400sp2
cb400sp2 - (2012/05/18 (金) 12:27)
よろしくお願いいたします。
hirosk
hirosk - (2012/05/18 (金) 13:06)
もうしこまなきゃ
youchi.tenshil
youchi.tenshil - (2012/05/22 (火) 12:27)
他の予定があっていけない><

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。