ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

スタートAlloy

Alloyハンズオン

日時 :
2012/05/13 (日) 13:00 ~ 19:00
定員 :
24人
会場 :
豆蔵トレーニングルームA,B (新宿三井ビル34F)(東京都新宿区西新宿2-1-1 )
URL :
http://groups.google.com/group/alloy-jp/browse_thread/thread/93070b705c920d05
主催者 :
ハッシュタグ :
#start_alloy

注:午後から開催になりました。ご注意!

概要

Alloyの使い方をイチから学ぶ会です。

※ (株)豆蔵さんのご好意で、場所を貸していただけることになりました。(@kencobaさん、ありがとうございます)

  • 当日使った資料はこちら( Google Docs
    • アジェンダと演習課題しかありません。講義資料的なものはないのでご注意。

アジェンダ

※ 時間はあくまで目安です.

  • 13:00-14:30 Alloyでのモデリング実演
    • ダウンロード・インストールから,一通りAlloyでモデルを書くまでを実演します.
    • お題は,Alloy本(下記参照)の第2章の例題(メールクライアント)です.
      • 基本的に,Alloy本に沿って進めますが,当日アドリブでいろいろ変更するかもしれません.
  • 14:50-18:00 演習
    • 実際に,参加者の皆さんでモデリングをしてもらいます.
      • 参加者同士でペアになってもらい, ペアモデリング で進めることを現在考えています.
    • お題は 当日発表します. しました。下記参照。
  • 18:00-19:00 Wrap Up
    • 演習の結果発表 など.

演習課題: バージョン管理システムのモデリング

  1. (全員)1人だけで使う状況を考える
    • コミット と 更新 ができる
    • ヒント:シグネチャ「リポジトリ」「ローカル」「ファイル」
  2. (初級以上)複数人で使う状況を考える
    • 1つのリポジトリを複数の開発者で共有する
      1. コンフリクトが起こる状況をモデル化する
      2. コンフリクト解消の機能をモデル化し、それで正しく動作することを確かめる
  3. (スタート詐欺な方対象)発展的課題
    • 既存のバージョン管理システムが持つ他の機能をモデル化する
      • ブランチ作成、マージ
      • リポジトリが複数ある状況(分散バージョン管理)
    • 既存のバージョン管理システムの気になるところを検証してみる
    • 最強のオレオレバージョン管理ツールを考える(自由課題)

参考図書

当日、一部この本にある題材を使います。
持っていなくても大丈夫なように進めるつもりですが、持っていた方が色々お役に立つと思います。

事前準備

  • ノートPCに,下記のものをダウンロードして持参してください.
    • Alloy Analyzer 4.2 release candidate
    • Alloy Cheet Sheet ( Google docs )
      • Alloy言語のチートシートです.
      • thanx to @osiireさん
  • ネット環境は各自ご用意ください。
  • タップ持参推奨です。

その他

今回,初めての試みがいくつかあります.なので,もしかすると(こちらの)思惑通り進まないかもしれません.そのへん臨機応変に対応しますので,どうぞご容赦を.

ハプニング前提で(^^; 皆さんで楽しみましょう!

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザーが投稿することができます

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。