ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

原宿Android勉強会#17

無料アプリ、広告モデルで収益を得る、初心者でも初めての参加でも大丈夫です

Default latent
日時 :
2012/03/22 (木) 20:00 ~ 23:00
定員 :
15人
会場 :
株式会社ハッチアップ(東京都渋谷区千駄ヶ谷4-27-1 神宮外苑ビル4階)
URL :
http://www.facebook.com/harajyuku.android.benkyoukai
主催者 :

原宿Android勉強会#17

各自、モクモクとプログラミングを行い、わからないところは教え合います。
アプリをマーケットに出して、収益を得ることを目的にします。

参加者、各人に対してヒヤリングを行い適切なアドバイスをします。
初心者でも初めての参加でも大丈夫です。

quicktigame2d を始めました。
Objective-C、node.jsもあります。

自己紹介

25年ぐらいC言語でプログラミングをしていてその後1年以上、Androidのプログラミングをしています。
最近では、Objective-Cやnode.jsの勉強もしています。

現在、会社では大学生のバイトさん7名に対しプログラミングを教えながらアプリを作っています。

今までに仕事でAndroidアプリを開発して10本ぐらいリリースしました。
OpenGLとアクティビティ1つでアプリを作るのが得意です。

以下は作ったアプリです。

作ったアプリ

参加条件

自分でアプリを作る人。
ノートPCを用意出来る人。

目標

各自、自分でアプリを作り、マーケットへ出し収益を得ること。
企画、リリース、マネタイズまでサポートします。
マネタイズは広告(アドネットワーク)を使用します。

場所

株式会社ハッチアップ
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-27-1 神宮外苑ビル4階
03-6804-5808
http://www.socialtoprunners.jp/about-us/

場所の利用にあたり、以下の参加規約をお読みください。

参加規約

持ち物

Androidの開発環境をインストールしたノートPC(Win,Mac,Linux)。
Android端末。
Android開発の参考書。
テーブルタップ。
ノートPCは必須です。

参加費用

無料です。

当日の連絡

Twitterで@mk18までお願いします。
やり取りして、現地で会いましょう。

Facebookの利用

クローズドのグループで情報を共有しています。
Facebookで参加希望のメッセージをお願いします。

私のFacebook

参考資料

アドネットワーク

mediba ad
AD-STA
AdLantis
MicroAd
AmoAd
i-mobile
adPapri
Fluct
admob

書籍

勉強会公式教科書です。
プログラミング以外はこの本に沿って進めます。
アプリをリリースしたい人は購入してください。
知名度ゼロ資本力なし それでも、あなたのiPhoneアプリでランキング1位を獲る80の秘訣

何も持ってない人、手持ちの本が難しくて進まない人向けです。
10日でおぼえる Androidアプリ開発入門教室

OpenGLならこれです。
OpenGLで作る Android SDKゲームプログラミング

Android SDK

Android Techfirm Lab
Android | Tech Booster
Android入門
Androidのあ~ん

その他の開発環境

quicktigame2d
Titanium Mobile

Java

とほほのJava入門
Javaの道

C言語

苦しんで覚えるC言語

企画について

プログラミングにかける時間と同じくらい企画にも時間をかけましょう。

企画を立てるまで

1.ひらめきで企画せず、とにかく調査する(秘訣その10)
(映画を見たり公園に行ったりデートに行ったり食事をしたり)

2.企画の良し悪しは第三者に聞いて確認すること(秘訣その13)

3.モノになる企画は100分の1程度(秘訣その14)
(必ずメモを取るようにしましょう)

チェックシート

企画を立てるまでを実践してメモが溜まってきたら、チェックシートで
チェックしましょう。

アプリ企画チェックシート

作成日時:

作成者:

1.アプリ名(秘訣その47)

2.キャッチコピー(秘訣その24)

3.徹底的に分かりやすくすること(秘訣その22)

4.圧倒的な価値があるがあるのか、あらためて考えてみること(秘訣その23)

5.需要があるかリサーチすること(秘訣その26)

6.今までにない企画なのかどうか調べること(秘訣その30)

7.どの程度の期間で作れるのかを調べること(秘訣その37)

(期間を見積もり)

8.どこよりも早く作ってリリースすること(秘訣その50)

(リリース日を設定する)

9.他のアプリを研究した上での仕様にすること(秘訣その53)

10.アプリの機能・性能・仕様など(画面イメージがあれば別紙に示す)

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザーが投稿することができます

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。