ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

Hadoop Conference Japan 2009

Default latent
日時 :
2009/11/13 (金) 12:00 ~ 20:00
定員 :
240人
会場 :
先端技術館@TEPIA(東京都港区北青山2丁目8番44号)
URL :
http://kzk9.net/conference/hadoop-con-japan-2009.txt
主催者 :

会終了後、懇親会も有ります。別途、登録が必要となります。

同時に、Hadoopユーザー会の立ち上げも行いたいと思います。以下のGoogleGroupsにご参加ください。

講演内容は以下になります。


================ タイムテーブル ================
プレ講座
12:00-12:40 Hadoop入門(背景と利点)
本講演
13:00-13:10 オープニング
13:10-13:40 Making Hadoop Easy for a Growing Community
13:40-14:10 楽天市場のHadoop利用事例
14:10-14:40 HadoopでかんたんWikipediaデータ処理
14:40-15:10 Scala on Hadoop
15:10-15:30 <休憩>
15:30-16:00 Hadoop World 2009報告
16:00-16:30 NTTデータにおけるHadoopへの取り組み
16:30-17:00 Hadoop/HBase 開発:Liberty インデクサプロジェクトの例
17:00-17:30 Setting up your Hadoop cluster
17:30-17:40 クロージング
18:00-20:00 懇親会(別途、参加登録が必要になります)

================ 場所 ================
先端技術館@TEPIA
住所: 東京都港区北青山2丁目8番44号
URL: http://www.tepia.jp/access/index.html

================ 講演概要 ================
■Hadoop入門(背景と利点)
・登壇者
 株式会社Preferred Infrastructure, CEO
西川徹
・概要
本カンファレンスのテーマとなっているオープンソースソフトウェア「Hadoop」の
生まれた背景・概要・利点などを紹介させて頂きます。Hadoopをご存知の無い方
向けの講演になります。
・スライド
公開スライド

■Making Hadoop Easy for a Growing Community
・登壇者
Cloudera.Inc.
Christophe Bisciglia
・概要
This talk covers the topics around Hadoop in the view point of the
business.
*同時通訳が行われる予定です

■楽天市場のHadoop利用事例
・登壇者
 楽天技術研究所
西岡悠平様
 楽天株式会社 開発部
河村圭介様
・概要
楽天では増え続けるデータ解析処理に対する問題解決の選択肢のひとつとして
Hadoopに注目しており、既にいくつかのサービスで利用しております。今回は
楽天市場におけるHadoopの利用事例、開発のTipsを中心にお話いたします。

■HadoopでかんたんWikipediaデータ処理
・登壇者
 大倉務様
・概要
公開されているWikipediaのデータをAmazon Elastic MapReduceとHadoop Streaming
を使ってお手軽に処理する方法をご紹介します。最終更新日の分布などの簡単な統計
をとるところからはじめ、Wikipedia内でのPageRankの計算のようにMapReduceを繰り
返すような処理まで扱う予定です。
・スライド
公開スライド

■Scala on Hadoop
・登壇者
 株式会社はてな 執行役員
田中慎司様
・概要
昨今、話題となっているScalaをHadoop上で使う方法と、はてなでのHadoopの
応用事例を解説・紹介します。より具体的な内容は、まだ色々トライアル中な
ので、これから当日までにぐつぐつと煮詰めていきます。
・スライド
公開スライド

■Hadoop World 2009報告
・登壇者
 Net One Systems USA, Inc. Vice President
柳下幹生様
・概要
 10月にNewYorkで行われました、HadoopWorld NewYorkの報告を行います。

■SI事業の視点から見た Hadoop の適用領域と今後の展望
 ~ NTTデータにおけるHadoopへの取り組み ~
・登壇者
 NTTデータ OSS技術統括部
政谷好伸様
・概要
 安価なIAサーバを用いて大規模データ処理をスケールさせることのできる
 HadoopとMapReduceフレームワークは、従来のITシステムでは規模や経済的な
 観点で対処が難しかった領域を切り開く重要な要素と考えられます。
 本セッションではSI事業者から見て、ユーザのニーズが顕在化しつつある
 Hadoopの適用領域や今後の展望について紹介します。
・スライド
公開スライド

■Hadoop/HBase 開発:Liberty インデクサプロジェクトの例
・登壇者
Telanium.Inc. CEO
松岡信也様
 Telanium.Inc. Principle Software Engineer
小宮山康子様
・概要
 Liberty分散インデクサプロジェクトでは、メールやログなどに対して
 柔軟なインデクシングを行うシステムの開発と構築を目指しています。
 当初はバークレーDBを分散配置することで実現を試みましたが、
 近年のOSSコミュニティの動向に着想を得て、大規模分散配置・
 耐障害部分をHadoopにて実現し、Key-Valueペア管理部分にHBaseを
 使用するよう実装しました。今回のプレゼンテーションでは、
 このHadoop/HBaseを使用した開発から得られた経験や課題 – たとえば
 HBaseのスキーマ設計時の注意点やテーブルサイズについての配慮など
 を紹介します。
・スライド
公開スライド

■Setting up your Hadoop cluster
・登壇者
Cloudera.Inc.
Christophe Bisciglia
・概要
*同時通訳が行われる予定です

  • このコメントはログインユーザ全員が閲覧/投稿できます
掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。