ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

モバイル向けソーシャルゲームの海外展開

IGDA日本グローカリゼーション部会 第7回勉強会

日時 :
2011/06/21 (火) 19:30 ~
定員 :
50人
会場 :
株式会社サイバーエージェント セミナールーム(東京都渋谷区円山町19-1)
URL :
http://pottap.co.jp/
主催者 :
ハッシュタグ :
#siggloc7

国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)グローカリゼーション部会(SIG-Glocalization)では、第7回研究会「モバイル向けソーシャルゲームの海外展開」を、2011年6月21日(火)に開催します。

第7回目の研究会では、フィーチャーフォン向けソーシャルゲームの海外展開について議論します。今年に入り、フィーチャーフォン向けに開発されたソーシャルゲームを、世界展開を前提に、iPhoneなどのスマートフォンに移植配信する例が増加しています。しかし、ここには「フィーチャーフォンとは異なる、スマートフォンへの移植」「ローカライズ/カルチャライズ」という二つの問題が発生します。

そこで本研究会では、フィーチャーフォン向けに展開中の「星空バータウン」を、iPhone向けに「Twinkle Bar」として移植し、AppStoreで日本語版・英語版の両方を配信されているポットタップ・道村弥生様を講師に迎え、開発事例についてご講演いただきます。その後、女性向けファッションSNS「プーペガール」のiPhoneアプリ版で、開発中の「プーペdeコーデ」のアジア圏向けローカライズをテーマに、ワークショップ形式で参加者間によるディスカッションを行います。

<概要>
■開催日程
6月21日(火) 19:30 – 21:30(入場開始19:00)

■場所
株式会社サイバーエージェント セミナールーム
〒150-0044
東京都渋谷区円山町19-1 渋谷プライムプラザ4F
セミナールーム
http://www.cyberagent.co.jp/

■主催:国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)
http://www.igda.jp/

■人数:50名
(お申し込みが超過した場合は参加をお断りする場合があります)

■対象
フィーチャーフォンからスマートフォン向けにコンテンツを移植し、海外展開を志向しているサービス・コンテンツ・プロバイダー
モバイル向けコンテンツ開発・海外展開に関心のあるプロデューサー・ディレクター

■参加費:500円(領収書は出ません)

■スケジュール
18:30 受け付け開始
19:00 IGDA日本とSIG-Glocalizationの紹介
19:15 講演「スマートフォン向けソーシャルアプリの成功と失敗」 講師:道村弥生
20:15 休憩
20:30 ワークショップ「『プーペdeコーデ』のアジア展開に必要なローカライズとは」
21:30 終了

■講師プロフィール
道村弥生 株式会社ポットタップ代表取締役社長。明治大学卒業後、2007年にサイバーエージェント入社。メディア本部マネージャー、サイバー・バズ取締役などを経て、2010年にポットタップを設立。http://ameblo.jp/chimu841/
 
■申込期限
6月16日(木)

■注意
事前に「Twinkle Bar」「コーデマニア」(iPhone版)、「プーペガール」(PC版)
をプレイしておくと理解が深まります。
Twinkle Bar(http://itunes.apple.com/jp/app/twinklebar/id420885565?mt=8)
コーデマニア(http://itunes.apple.com/jp/app/coordemania/id429591048?mt=8)
プーペガール(http://pupe.ameba.jp/)

飲み物の持ち込みは可能です(ビル1Fコンビニで購入可能)

■問い合わせ先
IGDA日本 小野憲史(kono3478あっとgmail.com)

<補足資料>
過去の活動実績
https://sites.google.com/site/sigglocsummary/

*会の性質上、ローカライズベンダーの皆様のご参加はご遠慮いただいております。また営業活動・勧誘などの行為もご遠慮ください。

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザが投稿することができます

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。