ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

Hadoopを中心とした分散環境での開発方法論・モデリング・設計手法等についての座談会(第4回)

Hadoopを中心とした分散環境での開発方法論・モデリング・設計手法等についての座談会(第4回)

Hadoopを中心とした分散環境での開発方法論・モデリング・設計手法等についての座談会(第4回)

分散環境の普及は2011年に入っても加速する一方です。
にも関わらず、ではどうやって設計していくのか?今後の方向性はどうなのか?という点では、議論が見えにくいのが現状です。

この会もなんやらもう4回目になっています。

今回はNTTサイバーコミュニケーション総合研究所の鬼塚さんに、より効率の良いMapreduceのあり方についてのプレゼンを

また、匠ラボの浅海さんに、「クラウドアプリケーション開発技法ーアーキテクチャ、モデリング、プログラミングモデル、Scala DSLーg3/asakusaを素材にして」としてg3+AsakusaDSLのデモを見ながらのプレゼンを お願いしてます。

また座談会のメンバーは

司会)@okachmachiorz

@ichiro_satoh 佐藤先生(NII)
@shot6 大谷さん(Amazon)
@masayh 萩原さん(Microsoft)
@kazunori_279 佐藤さん(Google)
の面々+スピーカーの方となります。

奮ってご参加ください。

タイムテーブル

時間 発表者 タイトル
18:30 – 19:30 鬼塚さん Efficient analytical query processing based on MapReduce
19:30 – 20:30 浅海さん クラウドアプリケーション開発技法ーアーキテクチャ、モデリング、プログラミングモデル、Scala DSLーg3/asakusaを素材にして
20:30 – 21:30 パネラー各位 座談会

場所

(株)EC-ONE
住所: 〒108-0075
東京都港区港南1丁目6番地34号
品川イースト

二次会も参加をお願いします。

http://atnd.org/events/13088

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザーが投稿することができます

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。