ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

masuidriveと学ぶ「60分で覚えるAndroidアプリの作り方」

コンテンツワン主催Androidセミナー

Default latent
日時 :
2011/01/17 (月) 19:30 ~ 21:30
定員 :
170人
会場 :
株式会社オプト 1階大会議室(東京都千代田区神田錦町3-26 一ツ橋SIビル4F)
URL :
http://www.contents-one.co.jp/android/
主催者 :

※多数エントリーいただいていますので、枠を拡張しました!

AndroidOSに注目が集まっています。

アメリカではAndroidを搭載したスマートフォンの新規出荷台数がすでにiPhoneを抜きました。日本でも2010年秋の新機種を境にAndroidを搭載したスマートフォンのシェアが倍々ゲームで伸びています。さらに、AndroidOSは、家電やカーナビなどをはじめとして組み込み領域でもブレイクの兆しを見せ、将来は社会インフラをも支えるOSになるのではと益々注目を集める技術となりました。

そんなAndroidOS上で動くアプリケーションの開発手法を「風呂グラマー」としても著名な増井雄一郎氏(@masuidrive)にたっぷりと語っていただきます。

<主     催>
株式会社コンテンツワン

<セミナー概要>
初めて、Androidを開発に触れる方に、Hello worldから簡単なアプリケーションを作る所までを、1時間で解説。その後、継続して勉強をしていく上で必要となる、ドキュメントの読み方、IntentなどのAndroid特有の機能についても解説します。

<講 師 略 歴>
増井雄一郎氏(@masuidrive)Appcelerator Inc. Platform Evangelist 
2009 年までAjax、Ruby on Railsなどの技術を使った Web アプリケーションの構築や雑誌・書籍への執筆をフリーランスとして日本で活動。PukiWikiなどのソーシャルアプリケーションの企画・開発を得意とする。2008 年より渡米し iPhone、iPad関連のアプリケーション開発に従事。主な著書:「Ajax 実装のための基礎テクニック」(技術評論社)、「PukiWiki 入門まとめサイトをつくろう!」(翔泳社)

増井さんの武勇伝(渡米前)はこちら
増井さんの武勇伝(帰国後)はこちら

<タイムテーブル>
19:00 受付開始
19:30 第1部 masuidriveと学ぶ「60分で覚えるAndroidアプリの作り方」 @masuidrive
20:30 第2部 Android-LT大会(登壇者を3~5名募集中ですので希望者は、発表したい内容をコメントください。LT登壇者は参加費1,000円は免除です)
21:00 第3部 懇親会 ビールとピザをお楽しみください

<対     象>
Javaエンジニア又はAndroid開発に興味があるエンジニア全般(技術要素が強いセミナーですので、エンジニアであることを前提とします)

<参  加  費>
1,000円(お一人につき、懇親会費用を含む) ※懇親会参加不参加に関わらず受付時にお支払いいただきます。

<そ  の  他>
※受付で名刺を頂戴しますので、名刺をお持ちください。お持ちでない場合は、別紙に必要事項を記載いただきますので、受付に少々時間がかかることがあります。

※20時を過ぎますと正面玄関が閉まります。それ以降にお越しの方は、080-3170-3416までご連絡ください。

<主催者代表>
★川井健史(かわいたけし) 株式会社コンテンツワン 取締役 @siroi_mogutan
 Webエンジニア武勇伝.net サイトオーナー

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザが投稿することができます
山本裕介
山本裕介 - (2010/12/28 (火) 00:58)
Twitter4JというJavaでもAndroidでも動くTwitterのライブラリを作っています。そこで色々とJVMとDalvikの非互換部分に苦労させられてきました。
そこで、LTでJVMとDalvikの非互換部分について話を出来ればと思います。

よろしくお願いします。
siroi_mogutan
siroi_mogutan - (2010/12/28 (火) 01:46)
山本さん
コンテンツワン、川井です。LTのコメントいただき、ありがとうございます。是非、よろしくお願いします。時間は登壇者数にもよりますが、とりあえず5分程度で組み立てていただければと思います。よろしくお願いいたします。
3Dfalcon
3Dfalcon - (2010/12/28 (火) 09:14)
日本Androidの会 横浜支部へイベントの案内がありましたので、Android-LT大会へタイトル:Androidを含むGoogleソリューションによるビジネスモデルの開発手法として解説したいと思います。
Androidマーケット出品作品でも毎月課金できるよう開発すれば、りっぱなビジネスモデルになり実益とAndroid技術収得には良い方法だと思います。
山本裕介
山本裕介 - (2010/12/28 (火) 09:37)
川井さん、承知致しました。それでは準備しておきます。よろしくお願い致します。
siroi_mogutan
siroi_mogutan - (2010/12/28 (火) 14:51)
3Dfalconさん
LTのコメントありがとうございます。是非お願いいたします。時間は登壇者数にもよりますが、とりあえず5分程度で組み立てていただければと思います。よろしくお願いいたします。
@kenz_firespeed
@kenz_firespeed - (2010/12/28 (火) 18:34)
会場のネットが繋がるようであれば、LT内でAppInventorを使って即席でアプリを作ってみたいと思います。
kurokey___
kurokey___ - (2010/12/28 (火) 19:14)
近々Androidで開発の予定があります
よろしくお願いします
siroi_mogutan
siroi_mogutan - (2010/12/28 (火) 20:07)
@kenz_firespeed さん
ありがとうございます! 外部のPCがネットにつなげないのですが、当方のPCに移植可能でしょうか? 
siroi_mogutan
siroi_mogutan - (2010/12/28 (火) 20:08)
kurokey___さん
こちらこそ、よろしくお願いします
@kenz_firespeed
@kenz_firespeed - (2010/12/29 (水) 01:24)
AppInventorが実行出来る環境とKeynote2010が必要なんですが、難しいですよね・・・
スピード感が伝わりにくくなるかもしれませんが最悪ネットに繋ぐ部分を録画にしちゃいます。
ところで、PCとつなぐプロジェクターか、Androidの画面を移せるような投写機は使用可能ですか?
siroi_mogutan
siroi_mogutan - (2010/12/29 (水) 12:10)
@kenz_firespeedさん
とっても格好悪いんですが、本社内にMAC使いがおりません。AppInventorはすぐに使えるようになっているようですが・・・動画対応で可能であれば是非、お願いしたいと思います。プロジェクターは勿論使用可能です。
3Dfalcon
3Dfalcon - (2010/12/31 (金) 10:08)
今回のLTはかながわビジネスオーディション2011(2011/2/3開催)のアイデア部門に応募し審査を通過し入選したビジネスモデルを具体例として、(1)着眼点(2)独創性(3)実現可能性(4)総合評価4項目の審査評価基準に的確に応えるために、評価基準に対応して具体的にどのように応えるか、どの程度応えるかを実例により解説したいと思います。LTの時間内で要点だけを十分説明できるよう、事前に以下の4項目の評価基準とオーディション・プログラムに掲載される事業概略を共有し理解しておいてもらいたいと思います。

3Dfalcon
3Dfalcon - (2010/12/31 (金) 10:09)
続き
4項目の評価基準:
(1)着眼点 ○世の中(社会)の状況を把握○マーケットが生まれそうな将来的ニーズがある○ビジネスとして成り立つ市場規模が想定されている
(2)独創性 ○新たな発想・技術によるもの○類似するものはあるが、新たな価値を加えている
(3)実現可能性 ○事業化に向けた手法、目標は妥当○サービスの技術面の裏づけはある○アイデアを事業化し、発展させる意欲が明示されている
(4)総合評価

事業概要:
Googleソリューションによる3Dモデルを顧客、設計、管理、施工者が共有し
3Dfalcon
3Dfalcon - (2010/12/31 (金) 10:10)
さらに続き
事業概要:
Googleソリューションによる3Dモデルを顧客、設計、管理、施工者が共有しプラン設計の検討に使用し、全工程写真を3D建物構造全面に貼付た3Dテクスチャモデルにより欠陥・手抜・過剰工事を起させない施工管理とAR納め、AR検証を行い、携帯電話に構造・建材をAR上重表示し自主点検とリホームプラン作成を行い、標準全工程・建材開示と工事再現可能なWebモデルハウスを提供する総合管理機能を備えたクラウド住まいの履歴書による中小建設業者が新築・リホーム工事受注可能なシステムを提供します。
3Dfalcon
3Dfalcon - (2010/12/31 (金) 10:10)
さらに、さらに続き
かながわビジネスオーディション2011はここを参考に
http://kaigi.kipc.or.jp/b-audition/summary.html

尚、私のネットブックにはHDMI端子しか付いていないために、USBメモリーにpdfデータとして持参し、プロジェクターに接続可能なPCをお借りしたいと思いますので、よろしくお願いします。
striker
striker - (2010/12/31 (金) 20:02)
よろしくお願いします!
siroi_mogutan
siroi_mogutan - (2011/01/04 (火) 17:07)
3Dfalconさん
川井。ありがとうございます。もろもろ了解しました。
楽しみにしています。
masuidrive
masuidrive - (2011/01/07 (金) 16:13)
Android SDKベースの話と、Titanium Mobileベースの話。どっちがいいんでしょう?
両方?
siroi_mogutan
siroi_mogutan - (2011/01/09 (日) 00:53)
主催趣旨としては、前者ですが、時間も長めなので、AndroidSDKベース7:Titanium Mobileベース3くらいの配分で可能でしょうか?
3Dfalcon
3Dfalcon - (2011/01/09 (日) 08:29)
masuidriveさんへ
ちゅうちょなくAndroidだと思います。今回エントリーされた方々は60分間でどのくらいのAndroidの真髄にせまれるかに興味をもつているはずです。私のLTでは今回のセミナーの主旨とLT予定が現在まだ3件だけということから、1~2分時間は超過しますがビジネスモデル作り方入門編として「1分で覚えるAndroidビジネスモデルの作り方」を追加しようとあれや、これや思索中ですのでmasuidriveさんの「60分で覚えるAndroidアプリの作り方」が変ってしまうと困ります。
masuidrive
masuidrive - (2011/01/09 (日) 19:52)
Android SDK中心ですが、Titanium Mobileもちょっと混ぜます。
初心者の方も多いみたいなので、混乱しない程度に。
siroi_mogutan
siroi_mogutan - (2011/01/12 (水) 15:45)
了解しました。よろしくお願いします。
3Dfalcon
3Dfalcon - (2011/01/14 (金) 07:50)
かながわビジネスオーディション2011へ入選して発表されるプラン・アイデアスケジュールが公開されました。
どのようなビジネスモデルが入選したかがわかると思います。
掲載先 : http://kaigi.kipc.or.jp/b-audition/summary.html
sator
sator - (2011/01/17 (月) 11:05)
よろしくお願いいたします!
siroi_mogutan
siroi_mogutan - (2011/01/17 (月) 13:07)
LTにつきましては、
・山本裕介さん
・3Dfalconさん
・ohwadaさん
の3名でお願いできればと思います。3組ですので7~8分でお願いしたいと思います。
kimukou_26
kimukou_26 - (2011/01/17 (月) 19:15)
本日のハッシュタグ
UST http://goo.gl/91ykE #androidsemi
の認識でOKなんでしょうか?
masuidrive
masuidrive - (2011/01/19 (水) 08:48)
当日の資料をアップロードしました。 http://bit.ly/igU8kr
デモで使ったキッチンタイマーのソースは、http://bit.ly/gkYeaQ になります。

Titanium Mobileのデモをほとんど行う時間が無かったのですが、本日、EclipseベースのIDEとして有名なAptanaをAppceleratorが買収しました。
http://bit.ly/gmeEKx
3月には、Titaniumの開発環境としてAptanaベースの新しいIDEがリリースされます。
Ec
山本裕介
山本裕介 - (2011/01/19 (水) 15:36)
当日のLTの資料を以下にアップしました。
http://samuraism.jp/diary/2011/01/18/1295324700000.html
nedved1000
nedved1000 - (2015/09/06 (日) 21:08)
Your work is very good and I appreciate you and hopping for some more informative posts.new year 2016 happy new year 2016
nedved1000
nedved1000 - (2015/09/11 (金) 05:17)
very nice article thanks. bonne année 2016 feliz año nuevo 2016

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。