ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

【学び舎】21世紀の物理学(第二回)【notame科学部】

Default latent
日時 :
2019/11/27 (水) 19:00 ~ 22:00
定員 :
20人
参加費 :
4,000円
会場 :
notame(東京都港区芝4丁目)
主催者 :

お久しぶりです皆さま。

あっという間に秋の気配ですね。

notame学び舎、前回の理論物理会が大好評だったので「第二回」を開催します!

前回は素粒子ってなんなのかに始まって、
ひも理論をはじめとしてどんな研究領域があるか、
重力とは一体なんなのか、
そして物理学者たちの奇人変人エピソードで大盛り上がりしたところですが…

次回が楽しみです。
(notame学び舎で第二回をやることってあんまりないですからね。前回の盛り上がりが想像いただけるかと)

前回同様、東北大学原子分子材料科学高等研究機構で研究されていた石原雅文さんにお越しいただいて、理論物理学が何を考えていて何を目指しているのか、わかりやすくお話していただく予定です。
(第一回に来れた方も、来れなかった方も楽しめるように構成していただいてます。)

みんなで勉強の秋しましょう。

場所

住所: notame
〒105-0014 東京都港区芝4丁目 三田駅/田町駅から徒歩5分
(詳細住所は参加登録いただいた方に送付いたします)

参加費: 大人4000円 (おいしいご飯+ワンドリンク付き)
     高校生以下500円

お話の概要

量子力学や一般相対性理論に代表される現代物理学は、時空や物質の解明に向けて大きく進展してきました。しかし依然として、「重力」が大いなる謎として立ちはだかっています。そんな中で近年、重力に対する新たな仮説が提案され注目をあつめています。
本トークでは現代物理学の解説とともに、この新しい研究の潮流についてお話ししたいと思います。

  • 演者
    • 石原雅文さん
  • 経歴
    • 九州大学大学院を修了。博士(理学)。
      その後、台湾の国立交通大学、東北大学で理論物理学の研究を行う。専門は超弦理論。
      日経サイエンス2013年4月号「ひも理論で語る物質の科学」 の翻訳及び解説記事を執筆。現職はデータサイエンティストとして民間企業で勤務。
  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザーが投稿することができます

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。