ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

ログイン or 無料登録

金融ICTカンファレンス 2020 -東京- 【参加費:無料セミナー/事前登録制】

Default latent
日時 :
2020/02/04 (火) 08:15 ~ 17:35
会場 :
JPタワーホール&カンファレンス(KITTE 4F)/東京駅・直結(東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー・KITTE 4F JPタワーホール&カンファレンス)
URL :
https://www.f2ff.jp/fict/2019/09/
主催グループ :
Atnd latent f2ff_イベント事業
主催者 :
ハッシュタグ :
#fintech

★☆参加費無料/事前登録制☆★

▽お勧めポイント▽

「金融×デジタル化」の攻めと守りのIT戦略、両輪をカバー!業務改善・対応策のご提案など今後の業務のヒントをご紹介!

▽お申し込みはこちらから▽※近日公開※

[金融ICTカンファレンス 2020 -東京- 公式サイト]

■開催日時:2020年2月4日(火)(受付開始 8:20~)

■主催:株式会社ナノオプト・メディア

■会場:JPタワーホール&カンファレンス(KITTE 4F)

■同時開催展:「業務自動化カンファレンス 2020 -東京-」

■後援・特別協力団体:(前回実績)

一般社団法人Fintech協会

他関連諸団体申請中

■お問合せ:金融ICTカンファレンス 2020 運営事務局((株)ナノオプト・メディア 内)

mailto:t3-info@f2ff.jp

■開催主旨

金融情報システム担当者に求められてきたミッションは多様化し、必要となる技術的な要件も進化・深化が続いています。もはや汎用的な課題解決手段ではなく、きめ細やかな、それぞれに合った課題解決手法が必要なことは明確になっています。またサービスの現場では大きな波として、Fintechという言葉に象徴される「インターネットテクノロジーとの融合」が一気に進んでいることが挙げられます。革新的なサービスが次々と生まれるなかにあっても、金融というクリティカルな情報を適切に扱う必要も従来以上に強く求められています。今回の「金融ICTカンファレンス」では、このような中にあって、金融システムの今後はどうあるべきなのか、最新動向を来場者の皆様と共有します。このイベントに金融情報システムを支援されている企業が集まることで、多数の来場者と今後の可能性を共有できれば幸いです。積極的なご参加をお待ちしております。

■来場対象者###

◆ 金融ITシステムで生産性の向上、クリティカルなサービスの実現、コストの削減と利益の向上を実現したい経営者・システム管理者・マネージャー
◆ より顧客サービスを充実するためのシステムを実現したい経営者・システム管理者・マネージャー
◆ 金融ITシステムの再構築検討しているシステムマネージャー
◆ 金融ITシステムを運用しているシステム管理者・マネージャー
◆ 金融ITシステムのパフォーマンスに問題を抱えているシステム管理者・マネージャー
◆ 金融ITシステムのセキュリテイに問題を抱えているシステム管理者・マネージャー

■入場料:無料(事前登録制)※近日公開※

事前登録:[公式サイト]からお申込みください<参加無料>

※セッションによりお申込み受付が終了となるセッションもございます。予め御了承ください。

■特記事項/特典など

*参加申し込みは[公式サイト]のみ承ります。
*ご来場に関するご質問その他、最新情報の確認も[公式サイト]にてお願いいたします。
*受付時にお名刺を2枚頂戴いたしますのでご持参願います。
*講演タイトル、講演者は変更になる場合がございます。
*各セッションともに定員を設けております(お申込先着順)定員になり次第、受付終了とさせていただきます。
*事前登録はお席をお約束するのものではなく当日お席の確保ができない場合がございますのでお早めのご来場をおすすめいたします。
*主催者または講演提供企業が指定する同業他社及び対象外の方からのお申し込み、フリーアドレスなど個人でのお申し込みはお断りさせていただく場合がございます。

#AI #ID管理 #Fintech #RPA #デジタルトランスフォーメーション #ゼロトラスト #AI音声認識 #ハイブリットクラウド #セキュリティ #キャッシュレス

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザーが投稿することができます

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。