ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

イベント開催支援ツール:ATND(アテンド)

ログイン or 新規登録

京都でこの冬一番“Ruby”な夜〜Mobirubyのその後とRailsアジャイル開発最前線!!

〜京都まゆまろ杯 スマホアプリコンテストタイアップセミナー〜

Mayumaro_atnd_original
日時 :
2013/02/04 19:30 to 22:30
定員 :
50 人
会場 :
株式会社はてな 京都本社 (京都市中京区御池通間之町東入高宮町206 御池ビル8F)
URL :
http://cts-1.sakura.ne.jp/client/mayumaro/index.html
管理者 :
siroi_mogutan siroi_mogutan
ハッシュタグ :
#mayumaroapps

今年、20周年を迎えるRuby。国産初の世界メジャー開発言語となったRubyは、Railsの登場によって一躍Webアプリケーション開発の代表的な地位を占めただけでなく、アジャイル開発と極めて相性がいいという点でも高く評価されています。そのRubyは、mrubyやMobirubyの登場でまた新たな進化をしようともしています。そんなRubyについて増井雄一郎氏、川端光義氏、堂端翔氏にじっくりと語ってもらいます。

タイムテーブル(受付開始は19:00〜、名刺をご用意ください)

時間 講演者・プログラム
19:30~20:30 RubyでiPhoneアプリを作る「MobiRuby」大解剖
           増井雄一郎氏(株式会社FrogApps CTO)
20:30~20:35 まゆまろコンテストのお知らせ
           川井健史(株式会社コンテンツワン取締役)
20:35~21:35 Ruby on Railsで受託開発をさらにアジャイルに
           川端光義氏(株式会社アジャイルウェア 代表取締役)
           堂端翔氏(株式会社アジャイルウェア プログラマー)
21:40~22:20 懇親会 ※そのまま、はてなさんの会議室で行う予定です

 

スマホアプリコンテスト!

優勝賞金100万円! 「チームOK」「法人OK」「公開済みアプリOK」「WebアプリOK」「学生部門は企画書だけでOK」なアプリコンテスト@京都 “京都まゆまろ杯 第1回スマホアプリコンテスト”応募者絶賛募集中!


講演概要と講師プロフィール

第1部 RubyでiPhoneアプリを作る「MobiRuby」大解剖


▼講演概要
昨年Matzが公開した、組み込み向けRubyであるmrubyをベースにした、新しいiOSアプリ開発環境のMobiRubyを大解剖。作者が内部の仕組みから詳しくお話します。
ライブコーディングも行いますので、実際にコードを見ながらアプリを作る様子を見て雰囲気をつかんでください。
すでにObjective-CでiOSアプリを作っている方も、既存のアプリにMobiRubyを組み込む事で、拡張が容易になるのでオススメです。

▼講師
増井雄一郎(masuidrive)氏:株式会社FrogApps CTO
2009年までAjax、Ruby on Railsなどの技術を使ったWebアプリケーションの構築や雑誌・書籍への執筆をフリーランスとして日本で活動。PukiWikiや、アバウトミーなどのソーシャルアプリケーションの企画・開発を得意とする。2009年より渡米しiPhone、iPad関連のアプリケーション開発に従事。2010年よりJavaScriptでiPhoneアプリ、Androidアプリの両方が作れるOSSスマートフォン開発ツールTitanium Mobileを開発している、米Appcelerator, IncにてPlatform Evangelistとして活動。2012年から、お料理写真共有アプリ「ミイル」などを開発運営する株式会社FrogAppsのCTOに就任。

第2部 Ruby on Railsで受託開発をさらにアジャイルに


▼講演概要
Rubyはプログラミングの自由度が高い言語です。自由というのは他の人のプログラミングスタイルが異なってもそれを尊重し、受け入れることです。
アジャイル開発は変化を受け入れる開発です。ソフトウェアが変わることを尊重し、受け入れます。
Rubyistの集まりでアジャイル開発をするとオープンソースの開発と似たような開発になります。一般的な開発スタイルとは違う環境やうまくいっているプラクティス、うまくいっていないプラクティスをご紹介します。

▼講師
川端光義氏:株式会社アジャイルウェア 代表取締役
1998年からソフトウェア開発を15年経験。2000年からフリーランスプログラマーとしてJavaのオブジェクト指向を追求し、リファクタリング本からエクストリーム・プログラミングに出会う。人を中心とする考え方に感銘を受け、アジャイル開発を目指し、2003年には「アジャイルウェア」の屋号として活動する。その後、「バグがないプログラムのつくり方」を出版、XPJUG関西支部の代表を務める。2007年にJavaより変化に強いRubyに注目し、2年後には受託開発を始める。2012年法人化し、顧客・開発者双方の満足度を高めるため、より理想的なアジャイル開発を目指す。
Facebook/Twitter: agilekawabata

堂端翔氏:株式会社アジャイルウェア プログラマー
業務でのプログラミングは7年目に突入。個人的なプログラミングは14年目。
Rubyに出会ったのは仕事を始めてから。初仕事がRailsでのシステム(当時railsは1.2系)で、「10分で作るブログ」動画に感動。会社をやめフリーランスになってもメインではRailsを使い続ける。2012年7月にアジャイルウェア入社。最近はサーバばっかりであまりRailsを触らせてもらっていない。

その他

★対象
Ruby,Rails,mruby,Mobiruby,アジャイル開発などに興味のある方

★参加費★
無料

★注意事項★
※受付で名刺を頂戴しますので、名刺をお持ちください。お持ちでない場合は、別紙に必要事項を記載いただきますので、受付に少々時間がかかることがあります。(氏名、連絡先などの記載がない場合はご入場いただけません)
※参加人数が多い場合、遅刻されますと立ち見となる可能性がありますが、ご了承ください。
※ATNDでエントリーした際のID(オープンID)で入場時に受付確認を行います。IDを事前に確認し、ご来場ください。
※無料の懇親会もあります。せっかくの機会ですので名刺を多めにお持ちください。

★主催★
株式会社マルチメディアスクール・ウェーヴ株式会社コンテンツワン

★協力★
株式会社はてな株式会社FrogApps株式会社アジャイルウェア

★主催責任者★
川井健史(かわいたけし) 株式会社マルチメディアスクール・ウェーヴ取締役 兼株式会社コンテンツワン取締役 Webソリューション事業部長 @siroi_mogutanWebエンジニア武勇伝.netサイトオーナー

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザが投稿することができます
  • comment RSS:RSS

コメントを投稿するには、ログインしてください。

掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。