ATND アテンド β PRODUCED BY RECRUIT

イベント開催支援ツール:ATND(アテンド)

ログイン or 新規登録

Google App Engine for Javaによる実践的クラウドプログラミングとそのノウハウ

運用コストの安さと、アプリケーション開発の生産性の高さが優れたGoogle App Engineについて学び、「実践的な開発」を体験する!

Rimg0007_original
日時 :
2011/01/24 10:30 to 16:30
定員 :
10 人
会場 :
TIME24ビル 4F デジタル工房 セミナールーム (東京都江東区青海2-4-32)
URL :
http://www.rdsc.co.jp/seminar/110108.html
管理者 :
野村テック 野村テック
ハッシュタグ :
-

【講座のポイント】
・Google App Engineのプラットフォーム、周辺技術の説明
・Google App Engineとは?どこで使われているか?どのように使えるか?
・Google Apps, Google Apps Maeketplace概要
・Google App Engineのデータベースである、データストアを確実に理解する
・Slim3説明
・Slim3,TestDriven開発による、Ajaxを使ったWebアプリケーションの構築
・Eclipseを使いこなすためのTips

【受講対象】
・ウェブアプリケーションの開発者、技術者
・コンシューマ向けサービスをクラウドで提供したいという方
・Google Appsを使用するエンタープライズ企業向けのサービスをクラウドで提供したいという方
・社内の業務アプリケーション、その一分をクラウド向けに開発・運用したいという方

【予備知識】
・Eclipseの操作経験(簡単なものでも構いません)
・JavaによるWebアプリケーション開発の経験(簡単なものでも構いません)
・jQuery, Junit(必須ではありませんが、知識があるとより理解が深まります)

【修得知識】
・Google App Engine のプラットフォームの仕組み
・Google Apps, Google Apps Marketplace
・Google App Engine for JavaとSlim3を使った開発手法
・Eclipseの高い生産性を引き出す手法、TestDriven開発のリズム

【講師の言葉】
 2010年に入ってからは、Googleが提供するクラウドであるGoogle App Engine上に構築されたサービスが多くなりました。さらに、各社から様々なマーケットプレイスも提供され始め、GoogleからもGoogle Apps Marketplaceが発表され、年末から来年にかけて提供され始めます。また、GoogleAppsのようなグループウェアを導入する企業もどんどん増えています。

 クラウド環境はたくさんありますが、その中でも運用コストの安さと、アプリケーション開発の生産性の高さが素晴らしいGoogle App Engineについて学び、Google App Engine for Javaを使った「実践的な開発」を体験する機会を提供いたします。

 講師はGoogle App Engine向けの詳しい書籍の執筆者で、開発もガッツリ行う開発者です。2年以上の様々なGoogle App Engine開発を体験してきた中で、特に重要と思われる点と、テストを重視した開発手法、そのリズムをお伝えします。

 サービス構築プラットフォームとマーケットプレイスが充実してきたこの大チャンスを逃さないように、ひとつの選択肢であるGoogle App Engineを是非体験してみましょう!

【演習内容】
Google App Engine fir Javaを使ったWebアプリケーション作成を実習形式で学習します。
Google App Engine for Java向けの最も優れたフレームワークであるSlim3を使い、実際の開発に必要となるプラクティス、開発のリズムを実際に体験する事が可能です。

【プログラム】
1.Google App Engineとその周辺知識について
  1-1.Google App Engineとは
  1-2.Google App Engineの事例紹介
  1-3.Google App Engineの適用例
  1-4.Google Apps. Google Apps Marketplaceの紹介

2.Google App Engineの技術詳細
  2-1.プラットフォーム、仕組み
  2-2.各種制約
  2-3.様々な機能の紹介
  2-4.データストアの説明

3.開発の体験
  3-1.環境構築
  3-2.Slim3の説明
  3-3.ステップバイステップでの開発

4.まとめ
  4-1.エンタープライズ向けのサービスを提供する大チャンス

【質疑応答・名刺交換・個別相談】

  • このコメントは全員が閲覧、すべてのログインユーザが投稿することができます
  • comment RSS:RSS

コメントを投稿するには、ログインしてください。

  • このイベントにハッシュタグは設定されていません
掲載されるイベント情報は、利用者の皆様によりご提供いただくものであり、株式会社リクルートホールディングスは本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。詳しくは利用規約をご参照ください。